絶対に褒められる!…タルタルが病みつき「簡単おつまみ」レシピ

ananweb

連載第157回目は、みんな大好き揚げもの! 宮崎の郷土料理のチキン南蛮です。揚げるのは大変そう…という方は市販のから揚げでアレンジもOKです。甘酢にくぐらせて、タルタルソースをこんもりと添えれば立派なチキン南蛮のできあがりです。夕飯のおかずとして、お酒のおともとしても活躍する一品です! おうちでのんびりと、ぜひ作ってみて♡
■ 『チキン南蛮』

【旬を味わう♡ 美人レシピ♪】vol. 157

■ 旬食材は、キュウリ!

キュウリは1年中手に入るお野菜ですが、旬は初夏~10月頃です。7月~10月は露地ものが旬を迎え、秋から春にかけてはハウス栽培が行われています。

ちなみに露地栽培された旬のキュウリは、ハウス栽培のものよりもビタミンCが多く含まれています。また、濃い緑色でハリやツヤのあるもの、表面のイボがピンととがっているものが新鮮とされています。

キュウリは暑い季節に最適なお野菜! キュウリの95%は水分で体を冷やす作用があり、水分補給に効果的です。また、豊富な水分とカリウムで利尿作用が期待でき、むくみケアにもなります。食欲がない時にはもってこいのお野菜ですね。

生でも食べられちゃうので手軽に取り入れられ、調理も楽ちんなのが嬉しいキュウリ。さっぱりとしたキュウリを食べて暑さで疲れた体を冬に向けて労りましょう!

■ 材料はこちら!

【材料(二人分)】

鶏むね肉     :1枚(300g程度)  ※鶏もも肉でも可塩        :ふたつまみコショウ     :適量卵        :1個薄力粉      :大さじ2~3片栗粉      :大さじ2~3

揚げ油      :適量

(甘酢調味料)塩       :ひとつまみ酢        :大さじ3しょうゆ     :大さじ1きび砂糖     :大さじ2

(タルタルソース)ゆで卵      :1個キュウリ     :1/4本玉ネギ     :1/8個マヨネーズ    :大さじ2レモン汁     :1/6個

■ まず、下準備を始めます。~その1:キュウリと玉ネギ、ゆで卵を切り分けます。

キュウリと玉ネギはみじん切りにします。ゆで卵は白身と卵黄に分け、卵黄は粗めに切り、白身の部分はみじん切りにします。

■ まず、下準備を始めます。~その2:甘酢を合わせます。

甘酢の調味料(酢、塩、しょう油、きび砂糖)を合わせ混ぜます。

■ では、作ります! タルタルソースを作ります。

小さめのボウルにマヨネーズ、キュウリ、タマネギ、ゆで卵を加え塩をひとつまみ加え、混ぜ合わせます。

■ レモン

■ 鶏肉を切り分けます。

鶏むね肉の脂を除き、包丁で切り込みを入れ厚さを均一にします。ひと口大程度の大きさのそぎ切りにします。

■ 塩、コショウをします。

切り分けた鶏肉に塩、コショウをします。

■ 衣を作ります。

ボウルに卵を割り入れ、ほぐします。薄力粉と片栗粉を加えよく混ぜます。

ねっとりとした固めの衣に仕上げます。

■ 鶏肉に衣を絡めます。

鶏肉と衣を合わせ、絡めます。

■ 揚げます。

熱した油(中温程度の170度前後)に、衣と和えた鶏肉をそっと入れ、こんがりと焼き色がつくまで揚げます。

■ こんがりと焼き色がついたら取り出します。

こんがりと焼き色がついたところで取り出します。

■ 揚がった鶏肉を甘酢にくぐらせます。

揚がった鶏肉は温かいうちに甘酢にくぐらせます。

■ お皿に盛り付け、タルタルソースを添えます。

お皿に盛り付け、タルタルソースをを添えます。

■ おいしさのアレンジポイント♪

さっぱりとした仕上がりの鶏むね肉を使いましたが、ジューシーな食感が好みな方は鶏もも肉を使ってください。

市販のから揚げでアレンジする場合はから揚げをトースター等で温めたあと、甘酢にくぐらせてください。

当記事はananwebの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ