チュートリアル徳井義実『しゃべくり007』にも復帰か 「トイレで不倫しまして」自虐ネタに不安も

wezzy


 チュートリアルの徳井義実が10月14日放送『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に出演。昨年10月に活動を自粛して以来、約1年ぶりに地上波のレギュラー番組に復帰する。

徳井は昨年10月に個人会社「株式会社チューリップ」の法人所得約1億8000万円の申告漏れなどを東京国税局に指摘されていたことが発覚。世間的な拒絶反応は凄まじく、芸能活動を自粛することとなった。

それから1年。今回の『今夜くらべてみました』出演に際し、徳井のInstagramのコメント欄には「復帰おめでとうございます!待ってました!!」とのファンの声がある一方で、「反省が足りない」という意見も散見され、多くの視聴者がアクセスする地上波テレビという場への復帰のハードルの高さが窺える。

徳井はラジオや舞台への出演は今年2月の時点ですでに再開しているが、地上波テレビへの出演は段階的だった。8月26日深夜放送『東野・岡村の旅猿17 プライベートでごめんなさい…』(日本テレビ系)が地上波テレビ復帰で、それから約2カ月の間をあけてようやくの地上波レギュラー復帰となった。

徳井は芸能活動自粛とともに10本以上あったレギュラー番組をすべて降りているが、『今夜くらべてみました』以外にも復帰する番組はあるかもしれない。すでに布石はある。

9月21日に放送された『しゃべくり007』(日本テレビ系)の特番では、ゲストの芦田愛菜が愛猫の話をするくだりのなかで、同じく猫好きの徳井の話になり、くりぃむしちゅーの上田晋也が<そのうち帰ってくるだろうから、その時にしてくれ>とツッコミを入れるくだりもあった。

徳井義実の“自虐ネタ”は通用するか
 ただ、地上波レギュラー復帰で話すネタには注意が必要かもしれない。

復帰後の徳井義実は頻繁に“自虐ネタ”でリスナーや観客を沸かせている。たとえば、コロナの影響で外出自粛が呼びかけられた時期である4月4日の『キョートリアル!コンニチ的チュートリアル』(KBS京都ラジオ)では、<年明けてしばらくしてから、ちょっと不要な外出は控えましょうみたいになってたけど。俺はもう、去年の秋から(外出自粛を)やってるから>。同月25日放送の同番組でも、コロナ禍で仕事がなくなり収入を心配する福田充徳に<私はもうなくなりましたけど>と返して笑いを誘っていた。

漫才でも自虐は格好の“つかみのネタ”となっているようで、7月に公演を再開したよしもと祗園花月の舞台に立った際は、<いろいろやらかしまして。いろんなことがあって。自分で説明すると、トイレで不倫しまして>と、アンジャッシュ渡部建の不倫スキャンダルとごちゃまぜにするボケで客席を沸かせていた。

ラジオや舞台のように彼らのファンが集う空間ではこうした自虐ネタもウケるのだろうが、地上波テレビ、特にゴールデンの時間帯の番組では反感を買いそうだ。前述した通り、ネット上の反応を見る限り、徳井の復帰を快く思っていない層もいる。

徳井本人のみならず、共演する芸人も徳井のスキャンダルをイジって笑いにしようとするかもしれないが、それによって炎上するリスクは少なからずあるだろう。かといって、神妙な面持ちを貫けば「何のためにバラエティに戻ってきたのか?」となる。何事もなかったようにしれっと元のポジションに収まる、というのはなかなか難しいようだ。

当記事はwezzyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ