清原果耶の透明感あふれる動画「ときめく予感」公開!

Entame Plex



シチズン時計株式会社は15日、新たに『wicca(ウィッカ)』のイメージキャラクターに就任した清原果耶が出演するWeb動画「ときめく予感」を公開した。

本動画は、「わたしの時間」「花とワンピース」「新しい家族」「そわそわの正体」の全4本立てとなっており、清原が様々なシチュエーションで“ときめく瞬間”を演じている。



自分だけの幸せなひと時を過ごす様子や、お花屋さんで自分ではそれまで気づかなかった気持ちを表す色のお花に手を伸ばす様子、犬の喜ぶ様子を見て微笑む様子、好きな男性とのデートでそわそわする様子などが描かれている。清原の透明感あふれる自然で柔らかい表情や、好きな男性の前で緊張しながらも幸せそうな表情に注目。

また、撮影現場の様子を捉えたメイキング動画と、撮影やイメージキャラクター就任の感想や最近ときめいたことなどを語るインタビュー動画も公開に。インタビューでは、撮影やイメージキャラクター就任の感想に加え、最近ときめいた瞬間や日々幸せに感じることなどプライベートな話まで語っている。



――今回の撮影はいかがでしたか?

清原:今回は全部で4パターンを撮影したんですけど、一番初めに、カフェでのシーンがあって。そこでラテアートに描かれている悲しい顔をしているクマをマドラーで笑顔にするっていうシーンを撮ったんです。ラテアートを動かすのがとても難しくて。ちょっと苦戦しながら、でもそこのシーンも楽しく撮影しました。



――今回初めてwiccaのイメージキャラクターに就任されましたが、初めてお話を聞いた時にどのような感想を持ちましたか?

清原:私の中のwiccaのイメージが、20代ぐらいの女性がつけているイメージで。キャンパスライフとか、キラキラしたイメージがものすごくあったので、私がこういうお話を頂けて嬉しいなと思う反面、私で大丈夫かなってちょっと思ったりはしたんですけど、wiccaのイメージに沿うように頑張って撮影できればなとは思いました。

――今回の動画では日常の中の思いがけない嬉しい瞬間というのが描かれていますが、最近プライベートで嬉しかった瞬間やときめいた瞬間はありましたか?

清原:今日の撮影したシーンの中にもちょっと似たようなシーンがあったんですけど、プライベートでお花屋さんに行ったときに、ものすごく可愛くて立派なサボテンに出会って。すごくときめいて、そのまま買って帰りました。

――「私を幸せにできるのは私だ」というセリフも登場しますが、日々の生活の中で幸せに感じることっていうのはありますか?

清原:幸せに感じることは…規則正しい生活を送ること。今のシーズンだったらちょっと朝日が見えるぐらいの時間に早起きをして、朝ご飯を作って、お部屋の掃除をして、っていう。そういうことが日々の幸せかなと思いつつ過ごしています。

――今お手元にwiccaの時計を身につけられていますが実際に身に着けてみていかがですか?

清原:ものすごくかわいいデザインだなと思って。写真で見たときより実物で見た方がきらめいているといいますか、でもお上品な感じがして。今日いろんなファッションに合わせてwiccaの時計を付けたんですけど、どんなファッションにも合うデザインだなと思いました。

――最後にメッセージを!

清原:皆さんもぜひwiccaの時計を身に付けて、wiccaと一緒にときめく時を過ごしていただければと思います。

当記事はEntame Plexの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ