【独占取材】相席スタート・ケイ、落語家の夫と“愛席インタビュー”山添は「愛情表現多ない!?」【後編】


出典: 相席YouTube

10月14日(水)、相席スタート・山﨑ケイがYouTubeチャンネル『相席YouTube』にて落語家・立川談洲との入籍を発表したのは既報の通り。本記事では、ケイ、談洲、相方の山添寛の3ショットインタビューの模様をお届けします。

前半は【独占取材】相席スタート・ケイ、入籍! 「モテ期」が理由で交際を断った過去?【前編】からチェックしてみて下さいね!

後編は、2人のラブラブトークを中心に、理想の家庭、山添の結婚観、ビジネスパートナー、夫だから知っているケイの“知られざる顔”を伺いました。

芸人だからこそできるアドバイス


ーー落語家さんの奥さんとしてどのように支えていこうと思っていますか?
ケイ「『三味線を習うとか、お着物を着るとか、できなくてもいいけど、できたら嬉しいものない?』って聞いたら『ない』って言われて(笑)」
談洲「『落語家の奥さん・女将さん』という言葉から色々とイメージしていたんでしょうけど、
皆んながそんな人じゃなく、むしろ『普段から着物を着て趣味は三味線』みたいな人はあまり居ないんじゃないかと思います。無理やり『女将さんとしてこうあるべき』みたいなことはやらなくていいよっていう」

ケイ「ただ嬉しいなと思うのは、ネタの相談をよくされるんですよ」
山添「えー。面白そう!」
ケイ「『ここどう思う?』とか実際にやってもらって『意味伝わる?』とか。そういうことは普通の仕事をしている人よりは、私の方が言えるのかなって。“支えてあげよう”って意識はないですけど、私と一緒にいてくれるんで、アドバイスをして、それが舞台上で生きたらいいなとは思います」
ーー相談できるというのは心強いですか?
談洲「そうですね。新作落語も結構やっているんですけど、それにあたっては『そもそも面白い?』『わかるよ』とか……単純に助かります」
ケイ「共通の話題もあるというか。『おりる・おりない(コントや漫才中にシチュエーションから外れ、素に戻って対応すること)』の話をする中で、おりた感じの笑いの取り方について話すみたいな(笑)。『漫才だったらいいけど、コントはそういうのは好きじゃない』って話すと、彼にも考えがあって『落語家にもこういう人とこういう人がいて……』『こっちの世界でいうあれだね』『そうそう!』みたいな。知らないけど共通点があるのが面白いです」

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

ーーパートナーが同じ芸人さんだった場合、家に帰って芸事の話をすると、オンの状態が途切れなくなってしまいますが、少し違う道の落語家さんだからこそ、プライベートでもそういったお話ができると。
ケイ「(芸人の)後輩だったときよりは、とても話しやすいです。ちょっと違うからより興味が持てるというか。違う世界にいるけど理解できるのがいいですね」
ーー職業柄、いろんな男性と出会われる中で、なぜ談洲さんを選ばれたと思いますか?
ケイ「まあ、好きって言ってきたからっていうのもあるんですけど(笑)、でも結果的に良かったと思います。この世界にいて、芸人さんは素敵だなって思うんですよ。お金と女に汚い人は多いですけど(笑)、みんな優しいし、男気があって素敵だとは思っていたんで。けど同じ業界で恋愛には発展しにくいので、結果的にはベストだと思います」

談洲の言葉に山添が激怒!?


ーー女芸人としてのケイさんと恋人(妻)としてのケイさん、何か違う点はありますか?
談洲「何から何までと言えばそうなんですけど」
山添「えー!」
ケイ「いい女じゃないってことか(笑)」
談洲「というか、こんなこと言うの恥ずかしいんですけど、基本的にはものすごく好きなんですよ」
ケイ「やだぁ~(笑)!」
山添「(目を丸くしながら)質問と答えがあっていない……」
談洲「(笑)。芸人の時はスイッチオンしているわけじゃないですか。自分の中にあるものを拡大化しているのが芸人ですけど、それ以外のものもいっぱいあるわけで。基本何から何まで違うというか、“いい女”というよりは、“カワイイ”という感じがしますね」
ケイ「困っちゃうよ。ねー? 山添」
山添「芸人のときと違って普段はカワイイと……ほんまに腹立つ(笑)」
談洲「芸人のときは、どちらかといえばクールなパリッとしたイメージじゃないですか。普段はそういうことよりも、丸い暖色系なイメージですけどね」
ーーそんなケイさんの好きなところは?
談洲「まずは顔ですね。あと、“カワイイ”のイメージにも直結するんですけど、芸人としては女性目線でも角度のあるところからのネタ、コメント、トークをすると思うんですけど、普段は美味しそうなものを食べると、すごく美味しそうな顔をするし、楽しいことをしたらすごく楽しそうにするみたいな。そういうところが“カワイイ”と」

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

ーー談洲さんの好きなところを教えてください。
ケイ「私のことを好きなところ、食の好みが合うところ、最初に“尖ってんな”っていうところが、なぜ尖っているのかを知ると、ただのカワイイ人であることを私は知っているというか。自意識過剰だったり、本当は人と仲良くしたすぎて逆に尖っちゃったみたいな。私もそういうところあるんですよ。私たちどっちも一人っ子だから、一人でいるのも好きなんだけど、本当はみんなといるのも好きというか。“話しかけてくれたら喋るけどなぁ”みたいな感じで生きてきたので、(談洲は)それのもっとこじらせた版なのかな(笑)」
談洲「かもしれない」
ーー逆に相方だからこそ、ケイさんの知られざる一面を知っているってことはありますか?
山添「えー?」
ケイ「思うんですけど、世界で一番嫌な顔を見せているのは山添なんですよね。今までの歴代の彼氏も親にも、私が人生で一度も見せてきていない顔を山添とか前の相方には見せている。だから“相方”って不思議だなって思います。出会わなければなかった顔かもしれないくらい嫌な顔。談洲さんよりも嫌な顔を見せていると思います」
山添「だから……ストレスのはけ口というか」
ケイ「言い方(笑)」
山添「その顔は談洲には見せないほうがいい顔ですね。僕はその顔がケイさんのもともとの性格やと思っていたんですけど、今思ったら単純にストレスが溜まっていただけだと思います」

尼神インター・渚に結婚を報告するも…


ーーこうした2人の幸せそうな話を聞いて、山添さんはご自身の結婚観に変化はありましたか?
山添「ケイさんは結婚に向いていると思うんですけど、俺は向いていないと思っていて。そんなふうになれたらいいなとは思いますけど、“でも、なれるかな?”という感じです」
ーーケイさんと談洲さんから見て、山添さんは結婚に向いていると思いますか?
ケイ「いわゆる結婚には向いていないかもしれないですけど、山添にぴったり合う人はいると思います」
談洲「こんなこと言ったら本当にやかましい話ですけど、僕、今まで恋愛に対してそこまで頑張るというか、興味がなかったというか。合えば一緒にいればいいけども……例えば『タバコやめてよ』って言われたら『じゃあ一緒にいなくていい』って思っちゃっていたというか。相手のために変えようとか、何かしようとは思わなかったんですよ。でも(ケイから)『これイヤだからやめて』って言われたら“やめよう”とか変わろうとか初めて思っています」
山添「えー(笑)」
ケイ「山添は、そういう人に出会ってないってことか」
談洲「僕もおそらく結婚に向いていない性格だったんですよ。彼女から注意された時に『俺じゃなくていいじゃん』って言い続けてきたけど、そういう人に出会えれば変わりますよ」
山添「今のやりとりってケイさんがもう一人増えただけですよね(笑)?」
ケイ「“お前が悪い”みたいな(笑)」

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

ーー(笑)。芸人さんで一番最初に結婚報告をしたのはどなたですか?
ケイ「(同期芸人である)尼神インターの渚ちゃんかな。それは、大阪だったんで(東京吉本だった談洲を)知らないから言いやすかったっていう。談洲さんのことを知っている人には付き合っていることもほとんど言っていなくて。渚ちゃんに『もともと後輩だった子と付き合っているんだけど』って言っても、全然興味なさそうなんですよ。『そうなんや』くらいで。『結婚することになったんだけど』って言っても『へー』って。『情報公開まだだから絶対言っちゃダメだよ?』って言ったら『絶対言わへん』みたいな」
山添「機嫌悪そうやな(笑)」
ケイ「大事な人に伝えるっていう意味で伝えたわけじゃなくて、誰かに言いたいって思ったときに、たまたまご飯行くことになって伝えた感じで。全然思ったのと違いましたけど(笑)、それくらいがちょうど良かったというか。プレゼント欲しいわけでも『おめでとう』って言って欲しいわけでもなくて、本当に誰かに言いたいみたいな」

ケイと談洲が考える理想の夫婦像


ーー今後は、どんな家庭を築きたいですか?
ケイ「尊敬している点でもあるんですけど、(談洲を)『あったところにあったものを返す天才』って言っていて。私は反対にものすごい散らかすんですよ。そういうのが積み重なると怒られると思ったので、せっせと片付けたり(笑)。私は逆に、髪の毛とかホコリが落ちているのが嫌なので、拭き掃除とかしちゃうんですね。だから、気を遣いながら生活したいなって思っています。お互い腹が立つこともあるし、こうしてほしいと思うこともあるとは思うんですけど、そこに折り合いをつけながら、ある程度気を遣いながらやっていけたらなって」
談洲「爆発する前にバランスとりつつってことですね。いいなって思うのが『これしてよ!』って怒るんじゃなくて『これがこうなったらいいのにな~』ってミニコントみたいな感じで言ってくるから、“これは本当に嫌なんだな”って気付けて(事前に)着火を防げているみたいなことがあります」
ケイ「そうだね。この前も私が缶を出しっぱなしにしていたら『振り返ったらゴミ箱があるんだから入れてくれるかな?』って言われたんですけど『これ私のじゃない~』みたいな(笑)」
談洲「で、次の日になったら『見て見て』って言いながら『缶をゴミ箱に入れます』って」
ケイ「『ねぇ、エラい?』みたいなね(笑)……楽しいでしょ? 山添くん」
山添「(笑)」

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

ーー談洲さんはどんな家庭を築いていきたいですか?
談洲「めちゃくちゃ普通ですけど、たまに公園で、おじいちゃんとおばあちゃんが、手をつないでいらっしゃる方がいるじゃないですか。あれいいですね」
ケイ「(デビューの頃)あんなに尖っていたのに、そんな普通のこと言うの(笑)!?」
談洲「あと、ずっと言っているんですけど、先に死なれたら僕、耐えられる自信がないので、絶対に僕より長生きしてくれと」
山添「さっきから愛情表現多ない!?」
ケイ「“私、死ぬのかな”って言うくらい、こういうの、めちゃくちゃ言うからね?」
山添「幸せなことですよ」
談洲「だから、そのために1個ずつ防災グッズ取り揃えたんですよ。僕一人だったら最悪いいかなと思うんですけど、相手に絶対に死なれたくなくて」
山添「めちゃくちゃ愛されてるやん」
ケイ「そうみたい(笑)」

ぜひ、『相席YouTube』での発表の模様もご覧くださいね!
(取材・文:浜瀬将樹)

当記事はラフ&ピースニュースマガジンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ