映画「2分の1の魔法」亡き父の復活を目指す兄弟の感動ファンタジー!

UtaTen

ディズニー・ピクサーの傑作ファンタジーが誕生!


画像引用元 (Amazon)

2020年公開の映画『2分の1の魔法』は、亡くなった父親を魔法で生き返らせようと奮闘する兄弟の旅を描く、ディズニー・ピクサーのアニメ映画です。

『モンスターズ・ユニバーシティ』を手がけたダン・スキャンロン監督がメガホンを取りました。

監督が1歳の頃に亡くなった父親と、自身を含めた兄弟たちの関係からインスピレーションを受けて製作されたそうです。

原題の『Onward』は「前進」を意味する言葉。

タイトル通り、観た後に前向きな気持ちになれると高評価を受け、世代を越えて泣けるというレビューが多く寄せられています。

魔法の世界を舞台にした心温まる本作のあらすじや見どころを解説しましょう。

映画「2分の1の魔法」のあらすじ


▲「2分の1の魔法」☆日本語吹替予告・大ヒット上映中!

妖精が暮らすこの世界にはかつて魔法に満ちていましたが、やがて科学技術の進歩により魔法が忘れ去られてしまいます。

そんな世界で暮らす家族思いのイアンは、何をやってもうまくいかない不器用な少年。

ですが、実は魔法の才能を隠し持っていました。

自分が生まれる前に亡くなったお父さんに一目会いたいと願っていた彼は、16歳の誕生日に母親から魔法の杖と手紙を受け取ります。

それは、お父さんからイアンに宛てた贈り物でした。

手紙には「死者を24時間だけよみがえらせる魔法」が書かれていて、彼は早速その魔法を試してみることに。

しかし失敗し、お父さんを半分だけの姿で復活させてしまいます。

完全に復活させるには、24時間以内に杖にはめ込む不死鳥の石を手に入れて魔法を唱える必要がありました。

彼は好奇心旺盛で陽気な兄のバーリーとともに、危険な旅に出ることにします。

豪華キャストの声の演技がキャラクターにぴったり


画像引用元 (Amazon)

本作の英語版吹き替えでは弟のイアン役をトム・ホランド、兄のバーリー役をクリス・プラットが演じています。

兄弟の性格の違いが見事に表現されていて、キャラクターの存在を身近に感じられるでしょう。

日本語版吹き替えでは弟を志尊淳、兄を城田優が担当しています。

英語を話す動きに合わせて日本語のセリフを違和感なくあてることに難しさを感じたそうです。

しかし、それぞれの役の魅力を引き継ぎつつ、個性を感じる演技で新しいキャラクター像を作り上げています。

また、兄弟の母親役はお笑い芸人・ハリセンボンの近藤春菜が担当しています。

英語版と日本語版で異なる多彩なキャストの声の演技に注目してみてくださいね。

兄弟の絆を感じる現実的なストーリーに共感できる


画像引用元 (Amazon)

本作はピクサー作品では珍しく、魔法を題材にした作品となっています。

とはいえ、舞台は魔法が消えかけた世界

利便性を選んだ住民たちの設定がリアルでとてもユニークですね。

ファンタジーでありながら現実味を帯びた環境と登場人物たちを描いていることで、大人でも共感しやすい内容になっています。

現実世界とファンタジーの世界を織り交ぜた景色が美しく、鮮やかなアニメーションで表現された映像に引き込まれるでしょう。

さらに、マイケル・ダナとジェフ・ダナの兄弟がプロデュースした音楽も、ストーリーを盛り上げます。

92人編成のオーケストラには民族楽器や古典楽器を取り入れ、魔法の世界のダイナミックさを表現。

常に4つの音符をベースにすることで、映画全体を通して音楽にもつながりを持たせているそうなので、ストーリーに合わせた変化を楽しめることも魅力です。

そして最大のテーマは、兄弟の絆と家族の温もりです。

弟イアンと兄バーリーの兄弟は、体格も性格も正反対の凸凹コンビ。

さらに、弟は魔法には長けていますが経験不足で、兄は魔法の知識はあるものの才能がありません。

しかし2人が正反対であるおかげで互いの足りない部分を補い合い、1人ではどうしようもできない困難を確実に乗り越えていきます。

亡き父親に会いたいと願う弟は、いわば過去に囚われている状態でした。

しかし、魔法や旅を通して未来に目を向けられるようになったのは、兄が旅へ連れ出してくれたからです。

喧嘩をしながらも協力して旅する彼らの姿は、いつも一緒にいると忘れてしまいがちな兄弟や家族の存在の価値を思い出させてくれるでしょう。

「君が支えてくれた」は温かな愛の絆を歌う主題歌


▲Brandi Carlile - Carried Me with You (From "Onward"/Official Lyric Video)

本作の主題歌は、グラミー賞の常連歌手であるブランディ・カーライルの『君が支えてくれた(Carried Me with You)』です。

長年バンドメイトとして共に活動してきた、フィル・ハンセロスとティム・ハンセロスとの共同プロデュースで制作されました。

明るい曲調のカントリー・ポップで、ポジティブな気持ちを引き出してくれる爽やかなメロディが魅力的です。

歌詞には「愛は当たり前にあるものではない」というメッセージが込められています。

どんな時でも側にいて助けてくれる存在に対する温かい感謝の気持ちは、映画のストーリーとリンクする内容です。

自分を弱く感じる時でも、自分を愛してくれる人がいること。その素晴らしさに気づけるでしょう。

日本語版主題歌はスキマスイッチの名曲「全力少年」


▲「2分の1の魔法」日本版エンドソング♪スキマスイッチ「全力少年」スペシャルミュージックビデオ

日本語吹替版のエンドソングには、スキマスイッチの名曲『全力少年』が起用されています。

2005年にリリースされてから、多くの人が励まされてきた楽曲です。

疾走感あふれるメロディと等身大の歌詞は、全力で挑む姿勢が世界を切り開いていくというメッセージを伝えています。

自分の力を信じて前へと踏み出す主人公たちの勇気ある姿と調和し、熱い想いを感じさせてくれますよ。

2つの主題歌から、映画の世界観を味わってみてください。

映画「2分の1の魔法」は家族で観よう


▲志尊淳&城田優演じる兄弟の絆!ピクサー最新作『2分の1の魔法』本編映像

映画『2分の1の魔法』は、家族を大切に思う兄弟の成長を描いた作品です。

人生は思い通りに行かないことの方が多いですが、すぐにあきらめてしまっては何も成功しません。

自分ができることを精一杯行い、できないことを信頼する人に託して協力するなら、どんな問題にも立ち向かえます。

この映画は本当に大切な存在に気づいた時、人は大きく成長できることを教えてくれます。

ぜひ、本作を家族や兄弟と一緒に観て、感想を話し合ってみてくださいね。

TEXT MarSali

当記事はUtaTenの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ