Facebook、Messengerを新デザインに「家族や友達と過ごす場所へ」


Facebookは10月13日(米国時間)、チャットツール「Facebook Messenger」(以下、Messenger)の新しいデザインを発表した。

Messengerの新しいデザインでは、ロゴ(アイコン)がピンクから青へのフラデーションカラーに刷新されたほか、デフォルトのチャットカラーが、これまでの青から変化。自分の発言や上部のアイコンなどにグラデーションが掛かるようになった。

また、タイダイ(絞り染めの柄)やハートマークのような新しいチャットテーマ、カスタムリアクション機能が段階的に導入され、ユーザーがチャット画面を好みにカスタマイズできるようになる。新しいセルフィースタンプや消えるメッセージモードといった新しい機能も、近日リリース予定と発表した。

新デザインについてFacebookは、「MessengerがFacebook上の友達にメッセージを送るシンプルな機能から、お気に入りのアプリやデバイスを使って家族や友達と一緒に過ごす場所へと進化を続けることを示すもの」と説明している。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ