ソフトバンク、「iPhone 12」シリーズ4機種を10月23日から順次発売


ソフトバンクは、5G対応の新しい「iPhone 12」シリーズ4機種「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」「iPhone 12」「iPhone 12 mini」の取り扱いを発表した。

「iPhone 12」シリーズ4機種は、それぞれ有機EL(OLED)パネルやA14 Bionicチップを搭載したiPhoneの新モデル。

「iPhone 12」「iPhone 12 mini」は、超広角と広角カメラの「デュアル12MPカメラシステム」を搭載。ポートレートモードやナイトモードなどの機能を備える。ビデオ撮影ではDolby Vision対応HDR撮影に対応。TrueDepthカメラによるFace IDも搭載する。

「iPhone 12」は6.1インチディスプレイで、本体サイズW71.5×D146.7×H7.4mm、重さは162g。「iPhone 12 mini」は5.4インチディスプレイで本体サイズW64.2×D131.5×H7.4mm、重さは133g。Appleでは、どちらも、ブラック、ホワイト、PRODUCT RED、グリーン、ブルーのカラーバリエーションを用意する。

「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」は超広角、広角、望遠カメラの「Pro 12MPカメラシステム」を搭載。新機能LiDARスキャナを搭載したことで、オートフォーカスの高速化やナイトモード撮影やポートレート撮影がよりスムーズに行えるようになるという。

「iPhone 12 Pro」は2倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウト、4倍の光学ズームレンジ、最大6倍のデジタルズームが可能で、「iPhone 12 Pro Max」は2.5倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウト、5倍の光学ズームレンジ、最大7倍のデジタルズームが可能などの違いがある。

「iPhone 12 Pro」は6.1インチディスプレイで、本体サイズW71.5×D146.7×H7.4mm、重さは187g。「iPhone 12 Pro Max」は6.7インチディスプレイで、W78.1×D160.8×H7.4mm、重さは226g。Appleでは、どちらも、シルバー、グラファイト、ゴールド、パシフィックブルーのカラーバリエーションを用意する。

「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」は2020年10月23日に、「iPhone 12 mini」「iPhone 12 Pro Max」は11月13日に、それぞれ発売。発売に先立ち、「iPhone 12 Pro」「iPhone 12」は10月16日9時(一部の店舗は10月17日の開店時刻)から、「iPhone 12 Pro Max」「iPhone 12 mini」は11月6日から、ソフトバンクのiPhone取扱店およびソフトバンクオンラインショップで、それぞれ予約受付を開始する。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ