マツコ、若者のハッシュタグ事情に戸惑いと共感「もうテレビは無理」「下手くそでも必死なところがいい」

マツコ・デラックスがMCを務めるTBS系トークバラエティ番組『マツコの知らない世界』で、10月13日放送の「ハッシュタグの世界」に「#無しでは生きていけない」という幼なじみの女子2人・むくえながゲスト出演した。マツコは若者のハッシュタグ事情を聞いて、戸惑いを隠せない場面もありながら2人の考えに共感する部分もあったようだ。

SNSを使う若者の多くは、特に意味はないが響きのよい“エモい”ワードにハッシュタグをつけて投稿し共有するという。さらに若者が帰宅してゆっくりスマホを見てハッシュタグを最もチェックしたり投稿する“ハッシュタグ巡回”の時間帯は、テレビのゴールデンタイムと同じ「19時~22時」というデータが紹介された。

マツコ・デラックスが思わず「もうテレビ無理だよ」と悲壮な顔をしたところ、むくえなから冷静に「丸かぶりですね」と返されてショックを受けていた。

ただ面白いテレビ番組を見ながらスマホでSNSにハッシュタグを投稿して「あのシーンがよかった」など感想を共有しながら楽しむこともあるというから、全くテレビを見ないわけではない。

たとえば土曜朝から放送される情報バラエティ番組『王様のブランチ』の人気コーナー「TBSつぶやかれた番組ランキング」はTwitterのオリジナルツイート数で番組の反響を表したもので、テレビを視聴しながらSNSで投稿することに着眼した企画と言えるだろう。

マツコにとって、意味はないけど流行るハッシュタグを身をもって実感したのが「#イッヌ」である。ネットでイヌの動画を探していたら「イッヌ」とあり、マツコは当初「犬の名前を『イッヌ』とつけたアホだと思っていた」が、誰しも使っているのでイヌを「イッヌ」というのが流行っていることに気づいたそうだ。

むくえなが、若者のネット用語のようなものでイヌを「イッヌ」と言った方が「面白くて可愛いしエモくて音の響きがいい。ノリでハッシュタグをつけてる」と説明したところ、マツコも共感するところがあったようで、番組スタッフに「ここポイントよ。お前ら意味を考えすぎ、意味なんてないのよ」と指摘した。

また「#バズらせヒーロー」では、オリジナルハッシュタグ「ぴえんヶ丘どすこい之助」などをバズらせた「けんちょす」や「きゅんです!」を流行らせたバズらせカップル「夜のひと笑い」を紹介。

むくえなが「若者に刺さる理由」としていくつかの理由を挙げるなかに「芸能人はやらされている感がでる」とあり、マツコは「それは合ってるね」と共感して「下手くそだったり、そんなに面白くなくても、必死でやってるところがいいわけね」と解釈した。

「そうですそうです」とむくえながうなずいたところ、マツコは「今の大事。あなたたちが言ったことが大事」と念を押しており、意義深いものを感じたようだ。

マツコ・デラックスは若者のハッシュタグ事情から何らかの意義を見出そうと接したため共感する部分もあったようだが、Twitter上では視聴者から様々な反響を呼んでいる。

「ハッシュタグ検索便利だなぁ。今度からもっとちゃんと使お」、「まじで若者の世界すんごい。笑 歳を取ったなと感じます。笑」という声がある一方で、「マツコのハッシュタグの世界見ててキツい」、「シュンですとかぴえんとか 私はもうついていけまてん」や「結局ハッシュタグに踊らされてて全然ハッピーそうじゃない」、「(バズったという動画を)見ててこの国の未来が不安になった。何が『新しい文化』だ。あんなものを『文化』とは言わん」という辛辣な意見もあがっていた。

ちなみにハッシュタグが世代に限らず広く活用された事例としては、今年5月に国会での検察庁法改正案を巡りSNSで「#検察庁法案に抗議します」が拡散されて社会現象を起こしたことが記憶に新しい。

画像2枚目は『TBS 2020年10月13日付Twitter「この後よる8時57分からは『マツコの知らない世界SP』。」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ