マツダ、新型コンパクトSUV「MX-30」のマイルドハイブリッドモデルを発売


マツダは10月8日、新世代商品群の第3弾である新型コンパクトSUV「MAZDA MX-30(エムエックス サーティー)」のマイルドハイブリッドモデルを発売した。

「MX-30」は、「わたしらしく生きる」をコンセプトとしたコンパクトSUV。クルマとともに自然体で自分らしい時間を過ごしてもらうことを目指し、創造的な時間と空間を提案する。同モデルがもたらす創造的な時間と空間は、親しみやすさや温かみを感じるデザイン、開放的で創造性をかき立てるフリースタイルドア、そして心地の良い室内空間によって生み出されるという。

技術開発の長期ビジョン「サステイナブル“Zoom-Zoom"宣言2030」にもとづき、直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」に独自のマイルドハイブリッドシステム「M ハイブリッド」を組み合わせた 「e-SKYACTIV G(イー・スカイアクティブ・ジー)」を搭載。これにより、静かでスムーズな加速と上質なドライブフィールに加えて、モーターのエンジンアシストによる優れた燃費性能を実現している。

全機種が「サポカーS・ワイド」に該当しており、サポカー補助金の対象となる。また、被害軽減ブレーキ技術「スマート・ブレーキ・サポート(SBS)」に、交差点での衝突事故回避・被害軽減を支援する機能を同社で初めて採用し、オプション設定している。

また、1機種のみの設定とした上、ユーザーの自由な発想で選択できる「Your Original Choice(ユア・オリジナル・チョイス)」を設定。必要な装備を、ニーズや嗜好にあわせて選択できるオプション群を提供する。なお、「MX-30」のEVモデルは、日本市場では2021年1月に発売を予定している。

メーカー希望小売価格(税込)は、2WDが242万円、4WDは265万6,500円。ベース車に対して特別装備の他、各種装備が追加された「MX-30 100周年特別記念車」は、2WDが315万7,000円、4WDは339万3,500円。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ