竹内涼真、海外の仕事に意欲「自分の感覚は狭いなと…」


俳優の竹内涼真が14日、東京・銀座の「ゼニス ブティック銀座」で行われた同店のグランドオープニングセレモニーに登場。今後の夢を聞かれ、「いろんな国の方とクリエイティブな仕事を一緒にやっていきたい」と海外の仕事への意欲を語った。

スイスの高級時計ブランド「ゼニス」の世界の旗艦店となる「ゼニス ブティック銀座」。このたびオープニングイベントとして、ゼニスの日本アンバサダーに就任した竹内が登壇し、テープカットを実施した。

スイスにいるゼニスのジュリアンCEOとのオンライントークも実施。竹内は「小さい頃から父親と訪れたことのあったゼニスの表舞台に自分が立って、自信を持って皆さんの前で宣伝ができるのはすごく光栄に思っています」と心境を述べた。

そして、時計について「1日のライフスタイルで欠かせないもの。朝起きて鏡を見て身支度をして、最後に時計を手首に巻くとスイッチが入るというか、1人の大人として自信が持てる。しっかりとした時計をつけて外を堂々と歩くのが男性像としてかっこいいなというイメージが小さいときからあります」と思いを語り、「自分のモチベーションを高めてくれるものだと思います」と付け加えた。

また、自身の仕事について「この世界に入るまで別で小さい頃に目指していた夢があって、自分としては挫折を味わって、20歳からこの世界に挑戦しようと決意した。20歳になる前の自分の決心がなかったら今の自分はここにない」と打ち明け、「挫折を味わった経験を生かして、あえて厳しい道に挑戦していきながら一個一個成功を成し遂げていきたいと思っています」と力強く語った。

次の夢を聞かれると、「今、日本で活動していますが、いろんな国の方とクリエイティブな仕事を一緒にやっていきたいというのが一番の夢」と海外の仕事に意欲。「普段生活していて思うのは、自分の感覚だけでは限界があって、自分の感覚はすごい狭いなと感じることが多い。いろんな国の人のアイデアやインスピレーションに刺激を受けながら、自分もそれを吸収して、いい作品作りをしていけたらと思っています」と話した。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ