気鋭の若きヴァイオリニスト・成田達輝が出演 『浮ヶ谷孝夫指揮 東京21世紀管弦楽団 松戸公演』が開催

SPICE



2020年11月8日(日) 千葉県松戸市にある森のホール21・大ホールにて『浮ヶ谷孝夫指揮 東京21世紀管弦楽団 松戸公演』が開催される。

東京21世紀管弦楽団は、いままでの固定観念にとらわれず、新しい時代の「美しく楽しいオーケストラ」を目指してあらゆるチャレンジをしようと、令和と共に設立された楽団。

2019年6月、松戸・森のホール21開館25周年記念ファイナルコンサートで盛況を博した浮ケ谷孝夫が、自身が音楽監督を務める東京21世紀管弦楽団と共演する。今回の演奏会では、オール・ブラームス・プログラムでブラームスの魅力を存分に披露する。

ソリストには若きヴァイオリニスト成田達輝を迎える。2010年、18歳でロン=ティボー国際コンクール、2012年、20歳でエリザベート王妃国際音楽コンクールにてそれぞれ第2位受賞。これまでに、ペトル・アルトリヒテル、オーギュスタン・デュメイなど著名な指揮者および国内外のオーケストラと共演している。海外での演奏活動も積極的に行っており、世界で活躍する注目のヴァイオリニスト。

芸術の秋、美しいオーケストラの音色を楽しんでみてはいかがだろうか。


あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ