長続きするカップルの特徴ってなに?長く続けるためのコツが知りたい

ハウコレ



長く付き合っているカップルは素敵ですし、できればそんなカップルになりたいと思いますよね。でも、どんなところに気を付ければいいのでしょうか。長続きするカップルの特徴をみていきましょう。

■相手の立場になって行動できる
最初の頃は緊張していても、だんだんと慣れてくると、緊張感はなくなり、気遣いすることもなくなってきます。付き合っているのですから、他の異性とは違う関係なのは当然なのですが、それを当たり前だと思うのは危険です。

長く続くカップルは、お互いを大事に想い、相手の立場になって物ごとを考えられます。彼なら許してくれるだろうとわがままを言ったり、嫌なことがあったから八つ当たりしてみたりなど、相手が嫌だと思うことはしません。

長く続いてほしいからこそ、相手を大事に想い、居心地の良い関係を作っていこうとお互いに努力していくのです。

■お互いに夢中になっているものがある
お互いに大事に想い合うのは当然のことですが、相手のことばかり考えていては息が詰まってしまいます。

しかし長続きするカップルは、お互いに好きなこと、夢中になれることを持っているので、相手がいなくても、1人で楽しめる自分の世界を持っています。

自分の時間を1人でも楽しむことができるので、お互いに依存しあうことなく自立でき、その結果、気持ちにも余裕が生まれ、嫉妬したり、束縛したりなど、少々のことでは気持ちも揺らぎません。

彼のことが気になって、何も手につかないという状態では、長続きしないのです。

■なんでも話し合える
どんな小さなことでもきちんと話し合え、言いたいことを我慢しないカップルは長続きするでしょう。

こんなことを言ったら嫌われてしまうのではないかと我慢して、相手の意見に合わせてばかりでは疲れてしまいます。そして、その不満がだんだんと積み重なり、突然、爆発してしまえば、しなくていいケンカに発展するでしょう。

良い意味で相手に遠慮しない、何でも言える関係は、ストレスを溜めることなく長く付き合っていけるポイントです。

■ちょうどいい距離感
連絡する頻度や会う頻度など、お互いにちょうどいい距離感で付き合えるカップルは長続きできます。

もし、お互いの予定を詳しく知りたがったり、聞いたりすれば、心配や不安になるだけで、良いことはありません。

ふたり一緒のときは思いっきり楽しみ、それ以外の時間はあまり干渉しないなど、良い距離感を保つようにしましょう。もちろん、それは「放置」とは違います。不満がある場合は、きちんと話し合うといいでしょう。

■愛情表現がきちんとできる
最初の頃は、自然に愛情表現もしていたのにいつの間にかお互いに言わなくなり、それが当たり前になっていませんか?長く付き合えるカップルは、愛情表現も忘れず、手抜きもしません。

言わなくてもわかるだろうは、実は相手には伝わっていません。きちんと言葉でも、愛情表現することが大事なのです。

ただし、いつも言うと、適当に思われたり、逆に重くなったりとプレッシャーになってしまいます。さりげなく伝えるようにしましょう。また、感謝の気持ちはいつでも言葉にして伝えてくださいね。

■長く続くカップルのコツは相手との信頼関係!
どうしても長く付き合っていくと、相手に対して甘えが出てきます。かわいい甘えならいいのですが、度の過ぎた甘えはただの迷惑です。

この先もずっと仲良く付き合っていきたいのなら、信頼関係をしっかりと築くこと。お互いに相手を信じることができれば、無駄な嫉妬も束縛もしません。ケンカさえもしないでしょう。

信頼関係は、1日では築けません。相手を思いやる気持ちを大事にしていけば、これからも仲良く付き合っていけるでしょう。(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ