劇団ノーミーツ主催で『全国学生オンライン演劇祭』開催!決勝大会審査員に中島信也、中屋敷法仁

エンタステージ


015506.jpg

2020年4月にコロナ禍に旗揚げしたフルリモート劇団「劇団ノーミーツ」が、 全国の学生を対象にした『全国学生オンライン演劇祭』を開催する。

今回の大会では、 昨今の社会情勢を鑑みて、 ”役者同士が一度も会わずに上演すること(=フルリモートであること)”を条件にした作品を募集。予選通過者の作品を上演する決勝大会は、 劇団ノーミーツから生配信上演される。

決勝大会審査員には、 劇団「柿喰う客」代表の中屋敷法仁、CMディレクターの中島信也等が決定。優勝したグループは特典として、 劇団ノーミーツともに作品制作する権利が与えられる。

コメント紹介


◆中島信也(決勝大会審査員)
ドキドキや。 「青春」っちゅう、 ヤバ甘酸っぱいアレがデジタルネットワークの上を駆け巡って僕のデスクトップに飛び込んで来よるらしい。 誰も見たことない、 誰も味おうたことのない「青春」っちゅう、 ヤバしょっぱいに違いないアレが・・・2020年というとんでもない年が全く新しいとんでもない「青春」を産もうとしてる。 僕にできることは予断やら想像やら知識やら経験やらを全部ほかして未知の「青春」を浴びるために裸になることだけや。 ドキドキや。

◆中屋敷法仁(決勝大会審査員)
急速な成長と発展を遂げている「オンライン演劇」というジャンルに、 あらゆる可能性に満ちた学生の皆様が挑戦することで、 新たな時代を切り開く素晴らしい作品が生まれることに期待しています。 演技の技術や脚本の発想などはもちろん、 仲間たちと心から演劇を楽しむ姿勢を感じたいです。 オンラインだからこそ実現する、 新しい才能との出会いを楽しみにしています。

◆広屋佑規(劇団ノーミーツ主宰)
「今年は文化祭も中止になってしまいました…」ある学生からこんなコメントが届きました。入学式。 部活。 放課後。 体育祭。 修学旅行。 そして文化祭。今年失われたものは余りに多い。学生の皆さんにとって失われてしまった行事は、仲間で結束し、 共に創ることの楽しさを学べる大事な時間。その大切で濃密なひとときを、 私達が何か手助けできないか。その想いで『全国学生オンライン演劇祭』を立ち上げました。

劇団ノーミーツがフルリモートで演劇を上演してからの半年間、私達が感じたのは「会うより、 ずっと密だった」ということ。この経験を学生の皆さんにも味わってもらいたいと思いました。青春を彩るのは、 仲間の結束。ひとつの演劇を、 会わずに作る。世界初の全国学生オンライン演劇祭にぜひチャレンジして下さい!

募集要項


【作品募集期間】2020年11月1日(日)~2021年1月31日(日)(予定)
【応募対象作品】1~30分の、一度も会わずに作られたオンライン演劇作品
【募集開始】11月1日(日)
【優勝特典優勝チームは劇団ノーミーツアカウントを通じて全国に告知。更に、劇団ノーミーツからの全面サポートのもと、公演を一緒に制作する権利が与えられる。
【応募資格】2021年3月31日まで、 下記の学校・専修学校・各種学校に在籍中の生徒
・中学校及び中等教育学校の前期課程
・高等学校及び中等教育学校の後期課程
・大学
・大学院
・短期大学
・特別支援学校の中等部・高等部
・高等専門学校(第5.5年次までの生徒)
・専修学校及び各種高等学校(修業年限が中学校、 高等学校、 大学、 大学院と一致していること)

その他詳細については公式サイトを確認のこと。

【公式サイト】https://meets.ltd/online-theater-contest/

当記事はエンタステージの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ