「あのときはバカップルだったな」と恥ずかしくなる言動5つ




敬遠されがちなバカップルですが、誰にだって恋愛の黒歴史はあるはず。特に交際初期はお互いゾッコンで、周囲が見えていなかった……なんてこともあるのでは? そこで今回は、『あのときはバカップルだったな』と恥ずかしくなる言動について女性陣にリサーチしてみました。

1日に何通もメールを送り合う

「当時はLINEがなかったのでメールだったのですが、1日100通くらい送り合っていたこと。彼から少しでも返信が遅くなると、携帯が気になって仕方なかった。恋愛にドップリのめり込んでいましたね」(30代/営業事務)

▽ 朝から晩まで、毎日メールやLINEばかりだった人も多いはず。友達と遊んでいようとも、両親から怒られようとも、とにかく彼氏第一だったみたい。ある意味青春の1ページかもしれませんね。

人前でイチャイチャする

「他人が見ているにもかかわらず、平気で彼氏とキスしていたあの頃。周囲の人はギョッとしただろうな。『見たくないものを見せてしまい、すみません』って謝りたいくらいです」(20代/美容関係)

▽ バカップルになると、周囲が見えなくなりがち。そのため人前でもお構いなしにイチャイチャ。思い出すだけで顔から火が出そうです。

少しでも異性と喋っていたら浮気扱い

「大学のサークル内で交際したのですが、お互いに嫉妬や束縛が強いタイプで、少しでも異性と喋ったら大ゲンカしていた。彼も『お前には俺がいれば十分だろ!?』とか言っていたし。最終的に孤立して、サークルに行かなくなりました」(20代/サービス業)

▽ イチャイチャもイヤですが、目の前でケンカされるのも困るもの。「あの人と喋ると彼氏(彼女)がうるさいから話しかけないようにしよう……」と引いてしまいます。いま思うと周りに随分迷惑かけたなと反省しますよね。

SNSで会話をする

「LINEすればいいのに、わざわざTwitterで彼氏とやりとりしていたこと。友達から『ラブラブだねぇ(笑)』ってリプくるのがうれしかったんですよね。彼氏と別れたいまは完全に黒歴史です」(20代/福祉)

▽ 恋人が隣にいるにもかかわらず、何回も公開SNSでやりとりをするカップル。たしかに仲がいいのは微笑ましいですが「個別にやって!」と思うのも事実。見ているほうが恥ずかしくなりそうです。

バイバイの際に号泣する



「デート後に彼氏とバイバイする際、まるで最後の別れかのように駅のホームで号泣していた。彼氏も『またすぐに会えるから!』と叫んでいました。もう自分たちのことでいっぱいでしたね」(30代/住宅)

▽ 彼氏とのバイバイは寂しいもの。とはいえ公共の場でふたりの世界に入られると、目のやり場に困ります。自分を客観的に見られるいまだからこそ、「あのときの私はどうかしていたな……」と思ってしまうのです。

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ