妻夫木聡、吉高由里子を“危険な女優”だと感じた出来事を明かす「思いの外…」

E-TALENTBANK


10月10日、TBS系『王様のブランチ』に妻夫木聡と吉高由里子が出演した。

【別の記事】横浜流星、吉高由里子への感謝を明かす「シャットアウトしてしまってる扉を…」

番組では、日曜劇場『危険なビーナス』に出演する妻夫木と吉高をゲストに迎えトークを展開。その中で妻夫木は吉高に対し“危険な女優だと思った出来事”があると紹介された。

それについて妻夫木は「1話の中でビンタされるシーンがあったんですけども」と切り出すと「テストまではそんなに強くやらないような雰囲気だったんですよ。本番になって、まぁまぁ気持ちを作って役の状態でやってるんですけど、思いの外強いのが来て」と、ビンタがクリーンヒットしたと明かすとスタジオは笑いに包まれた。

続けて妻夫木は、吉高が普段は左利きであるといい、「右できたんで色んなことが想定外で…びっくりしましたねあれは」「かなり危険な女優さんだと思います」と発言し、吉高は「加減が効かなかったんですよね」「右で人を叩いたことなかったので。パチーンって入っちゃって」と弁解し笑いを誘った。

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ