ずっとラブラブでいたい!彼と長続きするコツ5つ

ハウコレ



好きな人と両想いになり、交際できたのであれば、できるだけラブラブのまま、その関係を長続きさせたいですよね。しかし、交際年月が長くなると、どうしてもマンネリ化してきてしまい、倦怠期を迎えたり、他に好きな人ができたりしてしまうことがあります。

そこで今回は、彼氏とずっとラブラブでいたいという人に向けて、彼氏と長続きするコツを5つご紹介していきます。長続きさせるには努力も必要。ぜひ、参考にしてみてください。

■自分の時間を大切にする
意外だと思う人も多いかもしれませんが、彼とずっとラブラブでいるためには、お互いが自分の時間を大切にするということが重要です。もちろん、二人で過ごす時間を疎かにするわけではありません。二人で過ごす時間を大切にしつつも、自分だけの時間もきちんと確保しているカップルは、お互いに依存しにくく、いつまでも良い関係を維持できる傾向にあります。

彼のことがいくら大好きでも、四六時中彼と一緒にいたり、彼のことを考えたりするのではなく、きちんと自分一人の時間も確保し、趣味や仕事に打ち込むようにしましょう。

■ホウ・レン・ソウを徹底する
長続きするカップルは、ホウ・レン・ソウを徹底しているという特徴があります。ホウ・レン・ソウとは、報告・連絡・相談のことで、これがしっかりできるとお互いの状況が把握しやすくなります。逆に、ホウ・レン・ソウがしっかりとできていなければ、「そんなこと聞いていない!」という喧嘩に発展しやすくなってしまいます。

もちろん、自分の仕事や趣味に関わることまで、全てを伝える必要はありませんが、最低でも二人の関係に関わることや、大体のスケジュールは共有しておいた方が無難でしょう。

■スキンシップをとる
付き合いが長くなってくると、お互いにマンネリ化してきて、スキンシップが少なくなってしまうカップルは意外と多いです。しかし、これは避けたほうが良いでしょう。スキンシップが少なくなってしまうと、恋人というよりも、友達のような感覚になってしまいます。

もちろん、相手が望んでいない状態で無理にスキンシップをとる必要はありませんが、常にラブラブでいることを望むのであれば、適度なスキンシップは大切にしていきましょう。

■思っていることを素直に伝える
カップルで破局してしまうのは、喧嘩やちょっとしたすれ違いが多いです。この喧嘩やちょっとしたすれ違いを防ぐためには、日ごろからお互いが思っていることを素直に伝え合うことが重要です。我慢してしまえば、いつか不満が溜まりにたまって一気に爆発してしまうこともありますし、あなたが一方的にストレスを抱えてしまうかもしれません。

短期的な付き合いであればそれでも良いでしょうが、長く関係を続けたいのであれば、我慢せずに思っていることを伝え合える関係を目指しましょう。

■感謝の気持ちを忘れない
付き合いがどれだけ長くなっても、感謝の気持ちを忘れないことは、いつまでもラブラブでいるために重要です。感謝の気持ちを持たなくなってしまうと、お互いの存在が当たり前になったり、やってもらって当たり前という状態になったりするため、どちらかがその関係に見切りをつけてしまうことがあります。

どんなに小さなことでも、「ありがとう」という言葉をきちんと口にしましょう。

■彼氏と長続きするには努力も必要!
人の気持ちは変わることがあるため、ただ付き合っているだけでは、ずっとラブラブではいられません。長続きさせたいのであれば、今回ご紹介したようなコツを実践していってください。

(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ