掃除の秘技!冷蔵庫を簡単に動かして、裏側や壁をきれいにする方法

日刊Sumai

キッチンにある冷蔵庫
冷蔵庫を置いている床や裏の壁紙は、意外に汚れがたまっています。掃除をサボると、冷蔵庫の吸気口にもホコリがつき、冷蔵庫本体にも負担がかかってしまいます。
冷蔵庫は重たくて動かしにくい、と思って入る方も多いかもしれませんが、コツをつかめば簡単に移動できます。移動が簡単だと、掃除のハードルがグッと下がり、こまめに掃除がしやすくなります。意外に知られていない冷蔵庫の動かし方や冷蔵庫周りの掃除の手順についてご紹介します。
冷蔵庫は意外にラクに動かせる
冷蔵庫下にあるカバーを外す
まずはから外します。工具などがなくても簡単に取り外すことができます。このカバーが汚れている場合も多いので、軽く拭き掃除をするか水洗いをしてきれいにしておきます。
最近の冷蔵庫はキャスターが付いているものも多く、ラクに動かすことができるようになっています。
反時計回りにキャスターを回転させて冷蔵庫を動かす
わが家の冷蔵庫は反時計回りにキャスターを回転させると、冷蔵庫を動かすことができます。
冷蔵庫を前に引き出すようにゆっくり動かす
両手を使って冷蔵庫を前に引き出すようにゆっくり動かします。中身が入っていても簡単に動かすことができますが、前後以外に動かすと床に傷がつく可能性もあるので、まっすぐ前に引き出すのがコツです。床を保護するマットや板などがあればあらかじめ用意して床を保護しておくと安心です。
冷蔵庫の吸気口はホコリがたまっている!
冷蔵庫の吸気口
冷蔵庫を動かしたら、汚れている冷蔵庫裏や床をしっかり掃除していきます。冷蔵庫が置いてあった床には、ホコリやゴミがたくさんたまっていることも多いので、たまったホコリをしっかり取って拭き掃除をします。
冷蔵庫の裏側や横には吸気口があり、この吸気口にもびっくりするほどホコリがたまっています。空気の流れを良くするために、掃除機などを使って吸気口のホコリをしっかり吸い取りましょう。
冷蔵庫上を拭き掃除
つい忘れがちな冷蔵庫上も一緒に拭き掃除を。冷蔵庫上は油汚れなどがつきやすく、ベタベタしやすいもの。水拭きで汚れが取れない場合やベタベタ汚れが残る場合は、中性洗剤を含ませたクロスで拭き取ります。
冷蔵庫裏のホコリを取る
また、見落としがちなのが冷蔵庫裏の壁紙。風などで舞ったホコリが壁に付着し、そのホコリが大きくなってまた床に落ちるので、床掃除をしても壁にホコリがついたままだとまたすぐに汚れてしまいます。冷蔵庫裏の壁紙も忘れずに掃除しておきましょう。
冷蔵庫周辺の掃除が終わったら冷蔵庫を元の位置に戻し、きれいにしたカバーを戻せば終了です。
コツをつかめば短時間できれいに
冷蔵庫はどうしても動かすのが億劫というイメージが強く、掃除するタイミングを逃してしまいがち。でも、コツをつかめば短時間できれいにすることができます。冷蔵庫の中を掃除するタイミングで同時にやるなど、掃除のルーティンに組み込んでみてはいかがでしょうか。
※冷蔵庫を移動したり、パーツを取り外す際は取扱説明書をよく読みましょう
※非常に重いものなので、可能なら2人で行いましょう

当記事は日刊Sumaiの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ