半崎美子、初のカバーアルバム『うた弁 COVER』発売決定

SPICE


シンガーソングライターの半崎美子が、上京20年を記念して初のカバーアルバム『うた弁 COVER』を12月9日にリリースすることを発表。上京当時に住んでいた文京区や荒川区などの思い出の地で撮影された新アーティスト写真とジャケットも公開された。

北海道から上京して今年で20年を迎えた半崎美子が“故郷”、“青春”をテーマに、 自身の糧となってきた楽曲を中心にセレクトした初のカバーアルバム。「黄昏のビギン」「SWEET MEMORIES」「大空と大地の中で」など、幼少期~楽に目覚めた頃や、上京してからの支えになった曲など、シンガーソングライターである半崎美子が一人の歌い手としてリスペクトする歌手の名曲たちを歌う。

武部聡志をプロデューサーに迎えた今作品は、半崎美子の語るような歌声や表現力を最大限に引き出し、心にある故郷を思わせるノスタルジックな作品となっている。

そして、半崎美子のインディーズ時代の楽曲、故郷の両親へ思いを綴った「永遠の絆」のセルフカバーも収録。武部聡志のピアノを中心とした多彩なアレンジで、懐かしくも美しい彩り豊かな12曲入りとなる。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ