『極主夫道』世界トレンド1位、玉木宏“不死身の龍”に「漫画の再現度がすごい」

dwango.jp news


「くらげバンチ」(新潮社)で連載中の大ヒットコミックをドラマ化。極道のスーパー専業主夫・龍を玉木宏が演じる日曜ドラマ『極主夫道』(読売テレビ・日本テレビ系)の第1話が11日に放送された(以下第1話ネタバレあり)。

かつて裏社会に数々の伝説を残し、“不死身の龍”と呼ばれていたた最凶の極道・龍は、極道から足を洗い、妻の美久(川口春奈)、娘の向日葵(白鳥玉季)と平穏な毎日を送ることを選んだ。

「主夫、ナメたらあかんで」と家族のために料理や掃除、洗濯といった家事をバリバリこなす専業主夫として過ごしていた龍。一方、龍が所属していた天雀会は、ライバルの大城山組が勢力を伸ばしたことで危機に陥っていた。

そこで龍の元舎弟・雅(志尊淳)は、龍に天雀会に戻ってほしいと懇願。しかし龍は「俺は、専業主夫になったんや」とキッパリ断る。



諦めない雅に龍は「組まとめるのも大変やけど、主夫ほど大変な仕事はないねや」「俺は俺のやり方で守るべきもん守るって決めたんや。暴力では大切なもの守られへんねん」と説く。この龍の言葉にネット上では「全国の主婦・主夫のみなさんがうなづいたであろう……」「なんて熱い主夫なんや…」「このセリフで全国の主婦と主夫が救われますように」と感激の声が寄せられていた。

またキャリアウーマンの美久は、龍とは違い家事の腕前は壊滅的。ハンバーグを作ろうと台所に立てば、部屋中に食べ物が散乱し、美久はなぜか床に倒れている。なにごとかと走り寄る龍に美久は「今日仕事早く終わったから、ハンバーグ作ろうと思ったらこんなことになっちゃった」とポツリ。龍も「どんなことや...」と呆れるしかないのだった。

そんななか、大城山組は天雀会のシマで幅を利かせるようになっていた。同じ頃、“会長”からの電話を受けた龍は「会長にそこまで言われたら断れません。どこまでできるかわかりませんが、せいいっぱいやらせてもらいますわ」と覚悟を決める。

“会長”の頼みに応えるために動き出した龍のウワサはまたたくまに広まり、“不死身の龍”が復活するかもしれない、と警察は警戒を強め、雅や天雀会の“会長”も龍の帰還に期待が高まっていた。

そこへ龍から雅へ呼び出しが入る。いよいよ大城山組を潰せると息巻く天雀会だったが、現場にいた龍は、町内の婦人会“会長”の娘の誕生日パーティを企画していたのだ。

龍が帰ってくると信じていた天雀会も、抗争があると読んで駆けつけた警察も拍子抜け。パニックを起こし警察官を押し倒した天雀会・会長らは公務執行妨害で連行されてしまうのだった。

この初回放送に、視聴者からは「漫画の再現度がすごい」「おもろ過ぎて終始ニヤついてる」「こういうドラマ待ってた」などと絶賛の声が続出。Twitterでは日本トレンド1位にとどまらず、世界トレンド1位を獲得するほどの反響を集めた。




『極主夫道』

日本テレビ系 日曜ドラマ枠

第2話 10月18日(日) よる10:30~

制作著作:読売テレビ

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ