楽天モバイル、「Rakuten Mini」の交換期限を年末まで延長


楽天モバイルは10月12日、同社製スマートフォン「Rakuten Mini」の交換対応期限を延長したと発表した。当初は2020年9月末までだったが、2020年12月31日20時まで期間を伸ばす。

Rakuten Miniは、eSIMに対応した3.6インチディスプレイ搭載の小型スマートフォン。発売時点のモデルでは国内大手キャリアの主要周波数帯となるBand 1(2.1GHz帯)などに対応していたが、事前告知なく、また公式サイトの情報も変更がないまま、一部ロットで対応周波数が変えられていたことが問題となっていた。総務省からも同件に関する指導を受けているほか、(同省から認証を受けた)工事設計に合致していないことから、問題が発生したロットで技適を再取得している。

楽天モバイルでは、Webなどで表示されている仕様上の対応周波数帯と実態が異なるRakuten Mini端末について、希望者に対し、正しい対応周波数・技適が表示された端末との交換を実施している。今回、この交換対応期限の期間が、2020年12月31日20時まで延長された。

対象のモデルは「Rakuten Mini」(ナイトブラック / クールホワイト / クリムゾンレッド)のうち、製造番号(IMEI)351676110356708以前の製品、および製造番号(IMEI)351676110682491以降の製品。希望者は、期日までにコミュニケーションセンターへ連絡するよう呼びかけられている。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ