スカイマーク、11月は13路線643便を減便 10路線は通常運航

Traicy

スカイマークスカイマークは9月18日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、11月の運航計画を発表した。

13路線の計643便を運休・減便し、経由便を除くと1日あたり22~23路線の112~142便を運航する。これにより、期間中の減便率は14.3%となる。10月の減便率は37.5%で、20%以上回復した。3月13日以降、新型コロナウイルスの影響による減便数は17,211便となった。

Go To トラベルキャンペーンに東京都が追加されたことで、幹線を中心に活発な需要がみられることから、10路線は通常通り運航する。

運休便の利用者には全額払い戻しや振り替え、減便対象便は前後便へ振り替え、希望により別便への変更や払い戻しを案内する。

当記事はTraicyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ