ウィリアム王子、TEDトークで環境問題への取り組みを訴える「我々世代の才能で地球を修復しよう」

ウィリアム王子(38)が、地球の環境問題の画期的な改善策を提案した5団体(または人物)に総額5000万ポンド(約69億円)の賞金を授与する「アースショット賞」をローンチした。王子は後日、ウィンザー城で撮影した「TEDトーク」を配信し「我々世代における、最も偉大な才能で地球を修復しよう」と環境問題への取り組みを訴えた。

英時間8日、ウィリアム王子が「アースショット賞」のローンチを発表した。世界の環境問題を解決する革新的なアイデアを提案する5団体(人物)に、総額5000万ポンド(約69億円)の賞金が授与されるプロジェクトだ。

今後10年間、毎年100万ポンド(約1億4千万円)の賞金が5団体(人物)に授与され、2030年までには少なくとも50の主要な環境問題の解決策を見つけるそうだ。賞のノミネートは今年11月1日に開始され、2021年秋のロンドンを皮切りに、毎年異なる都市で授賞式が開催される予定だ。

賞金は慈善財団「ブルームバーグ・フィランソロピーズ」を含む、世界の大企業や富豪達からの寄付によって授与される。賞の審議委員には動物学者のデヴィッド・アッテンボロー卿、女優ケイト・ブランシェット、ヨルダンのラニーア王妃、歌手シャキーラ、宇宙飛行士の山崎直子を含む各国の著名人が名を連ねている。

現地時間10日、ウィリアム王子は「アースショット賞」に焦点を置いた「TEDトーク」を配信した。「TED」初の無料オンライン会議の一部として紹介された動画は、ウィンザー城の敷地内で撮影されたものだ。同会議は世界の気候危機の解決策を探求し、視聴者のアイデアを行動に移すことを目的とする。

「TEDトーク」で王子は、気候変動の危機を真剣に受け止め、今後10年間に緊急課題として真の変化を起こすよう、世界中の人々に呼びかけた。

「この樫の木は、900年以上前から私のファミリーが住んできたウィンザー城の近くにあるものです。39人の君主達が、この美しい環境を楽しんできました。」

「この場所には、1000年前から生育する樫の木もあります。木が成長する間、地球上では約350億人が私達の地球に住み、その数に値する愛や希望、恐れ、夢が生まれました。その間、飛行機旅行やワクチン、コンピュータなどが発明されました。こういった発展の急速な加速により、過去90年間で地球環境が危険に晒されてきたのです。」

「私は1961年にケネディ大統領が宣言した、人類を月に着陸させる“ムーンショット(アポロ計画)”に長年インスパイアされてきました。この時代に必要なのはムーンショットならぬ“アースショット”なのです。アポロ計画で見せたような人間の独創性や目的に向かって突き進む精神をうまく活用し、これまでで最も差し迫った課題である地球環境の改善に焦点を当て、緊急性をもって取り組むのです。」

「私達の世代は、壮大な樫の木の生涯からすれば、ほんの一瞬の出来事に過ぎません。しかし私達人類は樫の木と地球上のすべての生命を、この先千年以上にわたって繁栄させる力と可能性を持っているのです。」

「だから今こそ、我々世代における最も偉大な才能を解き放ち、地球を修復しなければならないのです。」

画像は『Duke and Duchess of Cambridge 2020年10月10日付Instagram「Behind the scenes of Prince William’s @ted talk — visit @tedcountdown to watch the full talk.」、2020年10月8日付Instagram「Say hello to the incredible @EarthshotPrize Council!」』『The Duke and Duchess of Cambridge 2020年10月8日付Twitter「The @Earthshotprize council is a diverse, broad range of people from all around the world who I’ve been talking to over the last few weeks and months.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ