ディーン・フジオカの鮮やかな悪役ぶりに視聴者「悪おディン様も良いなぁ」『危険なビーナス』第1話

テレビドガッチ

妻夫木聡が主演を務める日曜劇場『危険なビーナス』(TBS系、毎週日曜21:00~)が、10月11日に放送スタート。初回では妻夫木演じる主人公・手島伯朗と敵対する男・八神勇磨を演じるディーン・フジオカの演技に、インターネット上では「もっと悪いとこ見せてほしい」と注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。

東野圭吾の同名小説が原作のミステリードラマ。妻夫木演じる伯朗が、異父弟・矢神明人(染谷将太)の失踪をきっかけに、謎の美女・楓(吉高由里子)とともに名家・矢神家の遺産をめぐる争いに巻き込まれていく。

動物病院で医師として働く伯朗の元に突然、明人の妻と名乗る謎の美女・楓が訪れる。明人が失踪したと伯朗に告げる楓。さらにその失踪には、矢神家の親族が関わっているのではないかと話す。

伯朗の母・禎子(斉藤由貴)が前夫・一清(R-指定)との死別後に嫁いだ矢神家。その当主であり、明人の父親である康治(栗原英雄)が現在危篤となっており、総額30億円ともいわれる遺産の相続権を親族たちが争っているのだという。その矢神家で伯朗は、後妻の連れ子として親族から数々の嫌がらせを受けてきたのだった。

「もう矢神家とは関わらない」と一度は楓に言い放つ伯朗だが、困っている楓を放っておけず、結局、楓と共に矢神の屋敷へ向かうことに。そこには、昔から伯朗を見下している矢神家の養子・勇磨をはじめ、遺産を狙う親族たちが顔を揃えていた。「死んだお前のお袋も金目当ての人間だった」と、禎子を罵る勇磨の言葉に耐えられなくなった伯朗は、そのまま屋敷を飛び出してしまう。

「私がお兄様を無理やり誘ったから、嫌な思いをさせてしまったんですね」と顔を曇らせる楓。その表情にあたふたとする伯朗を、「シフォンケーキ、食べませんか」と自宅に誘う。楓の正体に疑念を捨てきれない伯朗は、和やかにシフォンケーキをつつきつつも、部屋のなかを静かに物色。飾られていた写真には明人と楓が揃って写っており、伯朗は「やはりふたりは夫婦なのか……。しかし合成写真という可能性も」と考えにふける。

そんななか、雰囲気の違う一枚の写真を見つける伯朗。そこには、禎子が晩年住んでいた自宅の写真が。禎子はある日、この自宅の浴室で謎の死を遂げていた。写真立てをとりあげると、中から小さな鍵が。すでに自宅は取り壊されているため家の鍵とは考えにくく、その正体に伯朗は首を傾げる。

その後、楓はひとりで矢神家の親族会に参加。そこで明らかにされた前当主・康之介(栗田芳宏)の遺言状には、「全財産を明人に譲る」と書かれていた。しかし明人が幼かった当時、その遺言は実行されず、「大人になった明人の意向に従う」と保留されていた。ここで楓は芝居をうち、明人が遺言状通りに遺産をすべて受け取る意向であることを告げる。大荒れする親族会。しかし他の親族とは異なり、康之介の次男で後妻の子・牧雄(池内万作)だけは、「兄貴はもっと価値のあるものを持っていたはずだ」と、康治が持っていたあるものに執着する。

楓を心配した伯朗は矢神家へ。勇磨から「遺産がほしくてのこのこやってきたのか?」と嫌味を吐かれた伯朗は、楓がいる客間へ向かうが姿が見当たらない。そのころ楓はある部屋に閉じ込められていて……。

演技派俳優陣による重厚な演技に、ネット上では「原作読んだ上での感想としては吉高由里子とディーン・フジオカと染谷将太はほんとに絶妙なキャスティング」「登場人物もたくさんいて全員が怪しいふうに見えるけど犯人誰なんだろう」といった声が。さらに、勇磨を演じるディーンの演技にも「悪おディン様も良いなぁ」「もっと悪いとこ見せてほしい」と注目が集まっていた。

10月18日放送の第2話では、矢神家の遺産をめぐる争いが殺人未遂事件へと発展。楓にも犯人として疑いの目が向けられる。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ