iPhoneが5G世代に、「Hi, Speed」イベントの直前予想のまとめと見所解説


●今年のiPhoneイベントは「ハイスピードにようこそ」
Appleが10月13日(現地時間、日本は14日午前2時)にスペシャルイベントを開催する。何を発表するか、同社は明らかにしていないが、新iPhoneの発表会になることはまず間違いない。

今回の告知のキャッチコピーは「Hi, Speed」、日本版は「速報です」だ。英語版のコピーは高速なものとの出会い、5G対応iPhoneの登場をイメージさせる。そのニュアンスが日本版では失われているが、Appleの製品で同社が「速報です」とアピールするほどの製品といえばiPhoneである。ウエアラブルとサービスが急成長しているとはいえ、Appleの事業の中核はiPhoneだ。Apple WatchやAirPodsはiPhoneとの組み合わせでより魅力を発揮し、サービスの契約やアプリのダウンロードにiPhoneが最も用いられている。告知のコピーはiPhoneを思わせるという点で共通しており、iPhone発表会なら、13日のイベントはAppleの1年間で最も重要な発表イベントになる。本稿では飛び交うウワサを整理すると共に、イベント前に押さえておくべきポイントを挙げていく。

「Hi, Speed」については5G以外にも、5nmプロセス製造のA14 Bionicプロセッサやリフレッシュレート120HzのProMotionディスプレイを含むという説がある。A14は第4世代「iPad Air」(9月発表、10月発売予定)ですでに存在が明らかになっているが、出荷がまだ始まっていないこともあって、その実力についてはベールに包まれたままだ。CPUとGPUのパフォーマンスと効率性が向上するだけではなく、9月イベントでは微細化の恩恵を特にニューラルエンジンの強化に割り当て、カスタム技術にも力を注いでいるとしていた。

5Gに対応するスマートフォンはすでに数多く存在するが、5nmプロセス製造のSoCを搭載するスマートフォンは新iPhoneが初になる可能性が高い。それで何ができるようになるのか、iPhoneの可能性がどのように広がるのか。Apple Park地下のどこかにあるというプロセッサ開発チームのラボからのプレゼンテーション、A14を活かしたアプリのデモ、A14の機械学習性能によるインテリジェントなソリューションなど注目ポイントになる。

一方で120Hzについては「搭載される」「Proモデルだけ搭載される」といった様々な噂が飛び交い、今は「搭載を見送った」という見方が優勢だ。リフレッシュレートが高いとゲームや動きのあるコンテンツの表示がなめらかになるものの、バッテリー消費への影響が少なくない。Androidスマートフォンには240Hz駆動の端末もあるが、より高いリフレッシュレートをアピールするスペック競争になっているようなところもある。Googleは「Pixel 5」を90Hzにとどめた。

Apple Trackのウワサ精度(Rumor accuracy)において「97.8%」という高い精度でSランク入りしているKang氏が8日にWeiboに投稿したレポートによると、5G対応に関して、5Gの方がバッテリー消費を抑えられる大きなデータや5Gで通信すべきアプリ利用などを自動的に判断して5Gと4Gを切り替えるスマートデータモードが用意されるという。5G元年と言われているが、米国でも対応エリアは拡大の途上であり、サービスは安定しているとは言いがたい。技術を簡単に使えるようにするのがAppleであり、4Gと5Gの使い分けからユーザーを解放するソリューションを用意するのはあり得る話だ。これは120Hz駆動にも言えることで、Appleが実装するとしたら、ゲーミングは120Hzでなめらかに、動きのないテキスト表示の時は数Hzにまで劇的に落とすというように、インテリジェントな可変でユーザーがシンプルに利用できる準備が整った時である。技術が導入されたこと以上に体験がポイントになる。

●ラインナップが4モデルに、MagSafeに形を変えてAirPower復活?
ラインナップについては、iPhone 12 Pro(6.7インチ、6.1インチ)、iPhone 12 (6.1インチ)、iPhone 12 mini (5.4インチ)の3種類 (4モデル)が登場するというリーク情報で予想が固まってきた。ここ2年間、噂になり続けていた4モデル化。しかし、今年は4月にiPhone SEの新型も登場しており、さらに4モデルが加わるとしたらラインナップが複雑になる。

iPhone 11やiPhone SEがiPhone 11 Proと同じA13プロセッサを搭載しているように、ラインナップを広げてもスマートフォンの体験の核となる部分についてAppleは最新の技術にこだわる。Kang氏のレポートによると、4モデル全てがSuper Retina XDRディスプレイを搭載し、Dolby Visionに対応する輝度レンジの撮影をサポートする。これらが本当ならサプライズだ。全てのモデルがOLEDになるという噂は早くから飛び交っていたが、miniのようなモデルには旧世代のパネル (Super Retina)を使ってコストを抑えそうなものだ。Dolby Visionに関しては、ウワサの段階で想像が膨らむし、A14に対する期待が高まる。

全モデルが5G対応と見られているが、「サブ6GHz」に加えて「ミリ波」も利用できるのは「米国のみ」「米国/日本/韓国のみ」「iPhone 12 Pro Maxのみ」など諸説ある。低速だけどカバー範囲が広い「サブ6GHz」から5Gサービスの普及を図るキャリアがほとんどだが、米国では3大キャリアの1つであるVerizonが「ミリ波」(高速だけど、直進性高くて広範囲をカバーできない)から展開しているなど、5G元年の難しさがある。

様々なウワサから有力説を紹介すると、iPhone 12 Proは筐体がステンレス、新色のブルーが用意される。広角/超広角/望遠の3カメラ+LiDARを搭載、7枚レンズが採用されている。iPhone 12 Pro Maxモデルはより大きなカメラセンサーを装備し、光学ズーム倍率が大きくなる。iPhone 12とiPhone 12 miniは広角と超広角のデュアルカメラで、筐体はアルミニウム。

今年はデザイン刷新の年になると見られていて、iPad Proのように側面がフラットになるという説でまとまっている。Kang氏が、Qi対応のワイヤレス充電が「MagSafe」という15Wの充電方法に対応すると予測している。MagSafeと言えば、Macに採用されていたマグネットを利用した充電/給電方法である。マグネット+ワイヤレスだとしたら、Apple Watchのような充電方法だろうか。そしてAppleがMagSafeチャージャー、MagSafe Duoチャージャーを提供すると伝えている。

●新型コロナ禍で消費者の購買意欲ダウン、「699ドルから」を維持できるか?
価格も注目点の1つになる。5G対応になるiPhone 12シリーズは、11シリーズから50ドル以上は価格が上昇すると予想されていた。2019年の主力モデルであるiPhone 11は「699ドルから」であり、その予想だと12シリーズは749~799ドルからになる。消費者心理としては700ドル以下からになって欲しいところで、常に利益を確保するAppleの方針が売れ行きを鈍らせる可能性が指摘されていた。それに加えて、新型コロナ禍で景気が消沈している。その影響を危ぶんだSamsungはこの秋、Galaxy S20だけで勝負せず、ハイエンドのコア機能をミッドレンジに落とし込んだGalaxy S20 FE 5Gを急遽用意した。

Kang氏の予測は、iPhone 12 miniが「699ドルから」、iPhone 12が「799ドルから」、iPhone 12 Proが「999ドルから」、iPhone 12 Pro Maxが「1,099ドルから」。miniを用意したことで700ドル以下からのスタートを維持し、しかもProモデルは2019年と同じ価格である。Jon Prosser氏のように、miniが「649ドルから」になるという予測もある。

そのぐらい価格を抑えられるとしたら、サービスの成長が要因の1つと考えられる。Appleユーザーのサービス利用からの収益が増えているから、iPhone販売からの利益を以前ほど大きく確保する必要がなくなった。サービスについては9月イベントで、同社の複数のサブスクリプションサービスをまとめたサービス「Apple One」を発表している。13日のイベントで提供開始日が明らかになるかもしれない。

例年だと、iPhone発表イベントの後に、その年のiOSのメジャーアップデートがリリースされるが、今年はすでに「iOS 14」が9月に登場している。だが、今使えるiOS 14が、iOS 14の全てではない。過去の例だとポートレートやDeep Fusionなど、ハードウェアの可能性を引き出す追加機能がiPhoneイベントで公開され、アップデートで提供された。撮影機能はもちろん、LiDARが搭載されるとしたらAR機能にも進展がありそうだ。iOS 14のアップデートも注目点の1つになる。

13日のイベントをAppleのサイトからカレンダーに登録すると、午前10時~12時 (現地時間)の予定が入る。「iPhoneだけで2時間は長すぎる」と、他の製品の発表もあるのではないかという声が上がっている。Apple Silicon搭載Mac、ヘッドポッズとも呼ばれているオーバーヘッド型のヘッドホン、小型のHomePod、新Apple TV、AirTagと呼ばれるスマートタグ等々。しかし、9月イベントもカレンダーに登録すると2時間枠だったが、イベントは1時間3分で終了した。

今年は新型コロナ禍の影響でiPhoneの発売が遅れており、新製品ラッシュは期待できない。他の製品発表があるとすれば、HomePod miniと呼ばれる小型のHomePod。オーバーヘッド型のヘッドホンやAirTagについては予想が分かれ、Apple Silicon搭載Macは11月に別の発表会を設けるとBloombergが報じている。iPhoneの発表会はAppleにとって1年で最も重要なイベントであり、5G対応、5nm製造のA14搭載に加えてデザインも刷新されそうな今年は、新世代のiPhoneの始まりになる。特に重要な年であり、オンラインゆえ今年は毎月でも柔軟に発表会を開催できることを考えると、iPhoneにフォーカスしたイベントになる可能性が高い。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ