「復縁できる別れ方」と「復縁は難しい別れ方」の違い




別れた彼のことを忘れられない……という女性は少なくないですよね。一時的な感情だとしても、互いに愛し合った仲の人をそんなにすぐには忘れられないのは当たり前です。できることなら復縁したい……と思いますよね。しかし、復縁できるかどうかは別れかたによって決まってきます。
そこで今回は「復縁できる別れかた」と「復縁は難しい別れかた」について紹介していきます。どうしても復縁したいと思う恋人がいる人は必見ですよ。

1. ケンカが原因で別れた場合

ケンカが原因の別れは、復縁できる可能性があります。
別れの原因で多いケンカ別れは、突発的な感情によるものが多いのです。双方とも怒りで我を忘れて感情的になってしまい、別れを告げてしまうことはよくあること。そのあとに冷静になって話す機会をもうければ、復縁の可能性は大いにあります。
しかしその場合、お互いが反省して、なにが悪かったのかを話し合うことが必要です。どうしたって「相手が悪い」と思っている状態では、復縁は難しいでしょう。自分勝手にならずに相手を尊敬できるようになれなければ復縁はできません。

2. 話し合いをして別れた場合

将来展望や価値観における違いなど、人と付き合ううえではさまざまな問題に出会いますよね。それで話し合いをした結果、「別れたほうがいいね」とお互い納得して別れを選んだ場合は復縁は難しいでしょう。
それは相手が、「お互いが時間をかけて気持ちを整理した」と思っているからです。そして別れたあとは前をむいて新しい道に進んでいる可能性が高く、彼女からの連絡をブロックしていたり、新しい出会いを探していることも多いのです。そこへ“元カノ”が入りこむ隙間は……もうないかもしれません。

3. 浮気や裏切りが原因で別れた場合



浮気や裏切りによる別れかたは、復縁は難しいと思ったほうがいいでしょう。とくにこちらが相手を裏切ってしまった側では、復縁はかなり難しいでしょう。相手の心はかなり傷ついていますし、もう一度あなたを信じることはできない状態でいるはずです。
また男性はとくに、浮気という裏切り行為に嫌悪感を感じやすく、相手のことを前と同じように好きになることはほぼありません。自分が相手を裏切ってしまった場合は、復縁をあきらめたほうがいいでしょう。

4. 「友達に戻ろう」と別れた場合



「友達に戻ろう」と別れた場合は復縁できる可能性が高いです。友達でいようということは、相手を突き放すこともできるのに「そばにいてほしい」という感情が残っているということ。
キープといった意味もあるかもしれませんが、友達に戻るということは「距離を置いてみよう」ということです。ずっと近くにいると、相手の大切さがわからなくなり、自分勝手に相手を傷つけてしまうこともあります。距離をとって相手の大切さを再確認してみましょう。
そして「やっぱり相手とよりを戻したい」と思ったら、頃合いをみて復縁の話しを持ちかけてもいいかもしれません。

いかがでしたか? 出会いと別れは、人生においてたくさん訪れることです。その度に悲しい気持ちを持つことは悪いことではありませんが、本当に自分に必要な人は、必ずあなたの前に現れます。急いでも、人との縁はどうにかなるものではありません。落ち着いて状況をみながら、相手との距離をとっていきましょう。

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ