ロック付き回転ベゼル!ヴィンテージ感あふれるパイロットウォッチ「AERO Collection」

IGNITE


ブランド、デザイン、サイズ感、価格帯など、腕時計に求めるポイントは様々だが、「ヴィンテージ感」は外せないという人は一定数存在する。

そんな人に紹介したい時計が、ドーム型風防に二重構造のレキサンポリカーボネートが印象的な『AERO』。カスタムウォッチブランド「UNDONE」の新作パイロットウォッチだ。

■2時位置のリューズでロック可能

パイロットウォッチの機能として、2時位置のリューズでロックにできるモデルとなっている。


クラシックな装いをモダン調に復刻させたヴィンテージなスタイル、そしてコインエッジのベゼルがどんな状況下でもグリップ感を発揮。ドーム型の風防は、二重構造のレキサンポリカーボネートを採用し、ヴィンテージ感を損ねることなく曲線がプラスされたデザインが美しい。

■2 LOOKS 2 STORIES
AEROには、2アイテムがラインアップ。


ヴィンテージ感あるクリームダイアルと際立つアラビア数字、そこの加えられた青い針が特徴の「UNDONE Aero – Scientific – 」。工学的目線からよりスタイリッシュに、より機能的にデザインされた傑作モデルだ。


また、サンドブラスト加工を施したことで生まれたブラックダイアルに、アラビア数字のアワーマークの視認性が高まり、さらなる深みをもたらした「UNDONE Aero – Command – 」。クラシックな時計をベースとしつつも、近代的な美的感覚を与えてくれる。

■AERO特有のベゼル

かつて、P.V.H.ウィームスが果てしない大空へ飛び立つパイロットを導くため、回転ベゼルを開発したのは有名なエピソード。

航空機のナビゲーションでは、たった数秒の誤差で飛距離が倍以上に変わることになるため、常に高い精度が求められる。そこで彼は回転ベゼルに応用することで、「セコンドセッティングウォッチ」に設けられた回転ダイヤルの機能性がより高いパフォーマンスを実現。UNDONEは彼に敬意を表しこのデザインをAEROに採用した。

UNDONE AERO Collection
40mm径 / TMI NH35A / ¥43,780円(税込)
詳細:https://undone.co.jp/collection/undone-aero

■カスタムウォッチブランド「UNDONE」について

UNDONE(=アンダーン)は、世界に多くのファンを持つカスタマイズウォッチブランド。2014年に香港で創業、2017年に日本へ上陸。「UNDONE」は「未完成」を意味し「最後に完成させるのはあなた自身」という思いが込められている。

ベルトや文字盤だけでなく、ケースや針、さらに色や形といったあらゆるパーツを自由に選び組み合わせることで自分好みのオリジナルウォッチを作り上げることができる。

(IKKI)

当記事はIGNITEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ