花江夏樹『鬼滅の刃』劇場版は「すごい化学反応起きた」 松岡禎丞も「これで声優人生が終わってもいい」と感無量

クランクイン!

 人気声優の花江夏樹が11日、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の全国公開を記念した東京スカイツリー点灯イベントに鬼頭明里、下野紘、松岡禎丞、LiSAとともに出席。本作の魅力やアフレコ時の心境などを語った。

本作は、吾峠呼世晴が「週刊少年ジャンプ」で連載していた同名漫画を原作とするアニメシリーズの初劇場版。TVアニメ最終話「新たなる任務」で「無限列車」に乗り込んだ竈門炭治郎(花江)・禰豆子(鬼頭)、我妻善逸(下野)、嘴平伊之助(松岡)は鬼殺隊最強の剣士である「柱」の1人、炎柱の煉獄杏寿郎と合流し、列車内に潜む鬼に立ち向かう、というストーリー。

TVアニメ版以来、久々に炭治郎を演じた花江は「緊張した。『“水の呼吸!”と(しっかり)言えるかな?』と妙に思った(笑)。でも体に染み込んでましたね」とニッコリ。劇場版は「予告編、映像も音楽もすべて素晴らしい。早く劇場で見たいと思える内容だった。(本編は)予告編では伝えきれない魅力がすごくある。とにかく見てほしい」と猛烈アピールした。

煉獄の魅力を問われて「柱とは何か、鬼殺隊とは何なのか。彼の1人の人間としての意志の強さが描かれている。本当にカッコいい。一言一言、説得力がある言葉を炭治郎にかけてくれる。『兄貴、ついていきます!』とそんな気にさせられる、魅力的な男」と評した。

また「いいアフレコだった」と振り返り、「役者同士のすごい化学反応が起きた。1人が本気を出したものなら、それを上回る勢いで演技してやろう、叫んでやろうという気合いが皆さんにあって、ぶつかり合ってできたものが無限列車編」と解説。松岡も同調して「オレ、これで声優人生が終わってもいいと思ったね」と感無量の面持ちだった。

本作の台本を読んだ上で主題歌の作詞を手がけたというLiSAは「(無限列車編は)すごく好きな話。皆で気合いが入った状態で書きました」と明かし、「楽しみにしてくださっている皆さんが、(花江たち)『鬼滅の刃』の皆の劇場デビューを堪能したものを、そのまま浸ってお家に帰れるような、ある意味、作品を引きずって帰ってしまうような、作品にどっぷり浸かれる言葉づかい、それを直接的に伝えられる分かりやすい言葉づかいを含め、作品に寄り添いながら制作しました」と語った。

会場で、花江らのスイッチで本作にちなんだ特別点灯がスタートするや、スカイツリーは煉獄の炎刀、そして主題歌「炎(ほむら)」を彷彿とさせる炎色に。花江は歓声を上げてメガネの奥の目を細め、「遠くから見たい」と感激。LiSAも主題歌にちなんだスカイツリーの点灯は「人生初めて」と白い歯をこぼした。

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は、10月16日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ