スマートウォッチのバンドって、どうしてこんなに可愛くないの?

watch
Image: Gizmodo US

「持ってるだけでオシャレ」では、なくなってきた。

数週間前、友人とキャンプ旅行に行きました。そこで私は「最近、スマートウォッチで体調とか運動とかトラッキングするのにハマってるんだ」と熱く語りました。新型コロナウイルスのパンデミックでエクササイズのモチベーションが保てなくなったとき、救ってくれたのがスマートウォッチでしたから。

すると友人は私のApple Watch Series 6の太いバンドを一目見て、こう言いました。「スマートウォッチってやっぱり見た目がね…」と。もっと言えば、「なんでどれもこれもダサいんだろう」。

がーん。私はウォッチを買って数週間、そこまで気にしていませんでした。彼女の言葉に私はうつむき、「うん。まあ、いいんだよ」とポツリ。

フェミニンな服にスマートウォッチは似合わない


正直、パンデミックが起きてから6カ月間、私はスポーツウェアばかり着ていました。でも先週、たまたまフェミニンなひらひらの服を着たとき、「スマートウォッチ合わないな」って感じたのです。ちょっとショックだったので、Amazonでポチっとレザーの替えバンドを買ったんですが、やっぱり気に入りませんでした(商品画像と実際のモノがちょっと違った、というのもありますが)。

そこから、うっすら思っていたんです。「どうしてスマートウォッチのメーカーは、美しくて上品なバンドデザインのスマートウォッチを出してくれないのかなー」と。

たとえば、Apple(アップル)が発売した新しいレザー製バンド。普通に考えれば、世界で最もデザインにこだわるテクノロジー企業のひとつであるAppleが出したマットなレザーバンドなら、おしゃれに決まってますよね? でも、違うんです。Series 6向けの替えバンドを探していたとき、Appleの黒い革バンドを見た私は「おじいちゃんかよ…」と背筋が寒くなりました。

確かに、私は比較的手首が細いので、あまり腕時計が映えないのも事実です。でも、だからって。結構いいお値段するのにそれはないでしょう、って話です。私の同僚は皆、「Appleのバンドって高いよね」と口をそろえて言いますから。

スマートウォッチのベルトがダサいのは業界全体の問題


でも、これはAppleに限った問題ではありません。私は、スマートウォッチとウェアラブルを熟知した米GizmodoのVictoria Song記者に、これはAppleだけの問題なのか、それとも業界全般に言えることなのか、聞いてみました。

すると彼女は、「業界全体の問題ね。デフォルトのスマートウォッチバンドは、良くて“可”。悪ければ、速攻で交換しなきゃって感じ」とバッサリ。「たいていは、品質の割に値段が高すぎるの。そこそこなのもたまにあるけど。Apple純正品の替えバンドに50ドルも払いたくないし、ましてブレイデッドソロループに100ドルも払うなんて絶対いや。カラーオプションもイケてないバックルも、安っぽいラグっぽいのも、とにかくひどい」。

じゃあどうすればいいの…ってバンド迷子になりそうですが、素敵なバンドに出会える場所もいくつかあるそうで。Victoriaは「Amazonで安く買うのがいいよ」と教えてくれました。他にも、同じく米Gizmodoのシニア・コンシューマー・テクノロジー・エディターのAlex CranzはEtsy(主にハンドメイドのアイテムを扱うプラットフォーム)をおすすめしてくれました。ちょっとおしゃれで、カジュアル過ぎない感じの商品がたくさんあるそうです。

運動時はもちろん、毎日一日中スマートウォッチを愛用している人も多いですよね。誤解のないように言いますと、私はApple Watch大好きです。ただ、どうにか「分厚い」、「かっこ悪い」「鬼のようにイケてない」バンドをやめてもらえないでしょうか…。もうちょっと可愛くてかっこいいの、作ってもらえませんかね?

どこにでも胸を張って着けていけるスマートウォッチなら、もうちょっと歩数稼げるはずなんです。どうか、どうか、お願いします!

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ