吉沢亮、爽やか笑顔で野球部ユニフォーム姿を披露

dwango.jp news


西加奈子のベストセラーが原作の映画『さくら』(11月13日(金)公開)の場面写真が解禁された。

原作は累計55万部を突破する直木賞作家・西加奈子の同名小説。登場するのは、サクラと名付けられた1匹の犬と5人の家族。そして、彼らにとって大切なひとたちだ。『三月のライオン』、『ストロベリーショートケイクス』など海外からも高い評価を受け、詩情溢れる作品を多数生み出してきた矢崎仁司監督のもと、長谷川家の兄弟妹を演じるのは北村匠海小松菜奈吉沢亮という人気、実力を兼ね備えた俳優陣。3人の母を寺島しのぶ、父を永瀬正敏が演じ、彼らと出会う女性キャラクターには、小林由依(欅坂46)、水谷果穂山谷花純というフレッシュな顔ぶれがそろった。世界的に活躍するピアニスト、アダム・ジョージが劇中曲を担当し、今年“再生”した東京事変が書き下ろした主題歌『青のID』がエンディングを彩る。


本日公開されたのは、スポーツを楽しむ『さくら』の登場人物たちのの写真バスケットのゼッケンをつけるのは、小松菜奈演じる長谷川家の末っ子・美貴と、小林由依演じる美貴の親友・カオル。バスケ部の二人の躍動感あふれる試合風景が切り取られている。

また、真っ白い野球部のユニフォームに身を包むのは長谷川家の長男一(ハジメ)。背番号1を付けるエースのハジメは学校でもヒーロー的な存在で、部活中は外野からも黄色い声が上がるほど。スポーツの日にぴったりな、爽やかな3人の場面写真を是非お楽しみいただきたい。




<STORY>

⾳信不通だった父が2年ぶりに家に帰ってくる。長谷川家の次男・薫は、その年の暮れに実家へと向かった。けれど兄の一(ハジメ)の姿はない……。薫にとって幼い頃からヒーローのような憧れの存在だったハジメは、2年前のあの日、亡くなった。そしてハジメの死をきっかけに家族はバラバラになり、その灯火はいまにも消えそうだ。そのつながりを繋ぎ⽌めるかのように、薫は幼い頃の記憶を回想する。それは、妹・美貴の誕生、サクラとの出会い、引っ越し、初めての恋と失恋……長谷川家の5人とサクラが過ごしたかけがえのない日々。やがて、壊れかけた家族をもう一度つなぐ奇跡のような出来事が、大晦日に訪れようとしていた──。

(C)西加奈子/小学館(C)2020「さくら」製作委員会

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ