「ホストクラブを開店したい!」保住有哉・住谷哲栄が語る『パラホス』~後編~

今年の七夕に爆誕した「パラパラ×ホスト」という何ともバブリーな響きのプロジェクト『パラホス』は、音楽・ダンス・ボイスドラマで楽しむ新たな音楽エンターテイメント。

「ホスピタリティ・アーティスト(通称ホスト)」によるバディ制のパラパラダンスバトルと接客を競う『パラホス』が競技として確立された世界で、頂点を目指そうと奮闘するホスト達が今作の主人公。煌びやかな世界を表現する、声優の保住有哉さん(輝夜彗役)と住谷哲栄さん(アキXT役)に、『パラホス』とは何かをプライベートも交えつつ、熱く語っていただいたインタビューの後編をどうぞ。

――今回、ホストの恰好で撮影もされていますが、いかがでしたか?

保住 いや、もう慣れたもんですよ。

住谷 僕が撮影現場に入った時に、保住さんが既に衣装を着ていたんですけど、何の違和感もなくって。私服かと思いましたもん(笑)。
▲ホスト衣装に身を包んだ保住さん(左)と住谷さん

――今回は、メイクも強めですよね?

保住 そうですね。俺は普段からメイクをがっつりしていますが、今回は色味を抑えて、より眼力を大事に、「目で殺す」というところを意識して、メイクしてもらいました。ホストさんがよくやっているんですが、黒目の下のラインもしっかり入れるようヘアメイクさんにお願いしています。

住谷 え⁉ すごい……。

――そんな細かい所まで気を配っていたんですね。

保住 いや、ディテール大事なんでね。企画を聞いた時から思っていたのですが、『パラホス』は細部までかなりしっかり作り込んでいるんです。だから、俺もしっかりこの世界に入っていこうと思って、ディテールも大事にやらせてもらっています。

――ホストの恰好をすると結構気分は上がりますか?

保住 もうずっと上がっていますよ! アゲですよ。完全になりきってますね。

――住谷さんもアゲで?

住谷 隣にアゲアゲな人がいらっしゃるので、自然と引っ張られて上がっちゃいますね(笑)! 撮影の時も、カメラマンさんが光の当たり加減とか細かく調整してくださって、仕上がりが歌舞伎町のフリーペーパーみたいな感じになっています(笑)。

――あの写真がそのまま歌舞伎町のパネルに貼ってあっても、何の違和感もないですもんね。

保住 本当に。何もないですよね。

――撮影の時も恥ずかしさみたいなのは一切無く?

住谷 このノリもあったので、割とスッと入れましたね。

保住 楽しくやれました。撮影もかっこいいねと言われながら、ノリノリでやってましたもん。

住谷 絶対にぶれるのに踊ってやってましたね。

(C)PARAHOS

――カメラマンさんが大変(笑)。ドラマCDの収録現場で印象に残っていることはありますか?

保住 二人ともダミヘ(ダミーヘッドマイクでの収録)が初めてだったんですよ。普通、ダミヘって「おやすみ」とか「おはよう」とか言うと思うんですが、「ご指名ありがとうございます」って言うのが斬新で! ちなみに、(谷山紀章さんと清家光亮さんと)3人で録ったのですが、谷山さんがダミヘに向かって話している時は、やっぱり慣れていらっしゃるなって思ったり(笑)。

――住谷さんはいかがでした?

住谷 アキがお客様に絡むシーンがあるんですけど、何せ初めてなので、ダミヘにどこまで近づいたらいいのか分からなくて、そこの距離感を掴むのが大変でした。

保住 近付き過ぎると音が割れちゃうからね。

住谷 そうなんですよ。大変でしたけど、頭(の形をしたマイク)に向かって話すので、ここにお客さんがいるんだと想像しやすくて、そこはやりやすかったです。後、収録中にディレクションを頂いて、僕が返事をするんですけど、普通の声で返事すると(ダミヘ用の設定になっているから)めっちゃうるさいみたいなんですよ。だから、すごい小声で静かーに返事していました。

――こしょこしょ話みたいに話さないといけないんですね(笑)。ちょっと話はそれますが、お二人は実際にホストになるとしたら、源氏名どうされます?

保住 えー! 悩むな……。

住谷 源氏名ってそもそもどんな基準で付けるんですかね。好きなキャラ名とか?

保住 俺付けてあげるよ! アレックスとかどう?

――住谷さんのお顔立ちに合ってますね。

保住 いや、日本語の方がいいか。「レン」とかかな。何か漢字を当てて、レンで!

住谷 保住さんは、柔らかい雰囲気があるから……。あ!  柳って書いて「りゅう」って読むやつで。

保住 どうも、柳とレンでやらせてもらってます。お店のNo.1と2を取り合っています(笑)。

――そんなホストクラブが実際にあったら、大変な騒ぎになりそうです。

保住 いや、言っているんですよ! ホストクラブをリアルイベントでやりましょうってスタッフさんにずっと。週5で鬼出勤するからって。だって、コロナが落ち着いたら体験入店しようかと密かに思ってますもん(笑)。その時はTwitterでつぶやこうかな……。

住谷 そんなことしたら、あの体験入店の新人なんか客呼べるな! ってオーナーに思われちゃいますよ。そっちに引き抜かれちゃいますよ!

保住 向いてると思うんですよね。

――すぐにNo.1になれそうですよね。

保住 いや、ホストの世界は甘くないですよ。5位くらいですかね。とりあえず。

――ホストといえばお酒を飲むイメージがありますが、お二人も飲まれますか?

保住 シャンパンが大好きです。

住谷 僕はジンジャーエールですね(笑)。お酒強くなくて、すぐに赤く、眠くなっちゃうんです。でも、前にテキーラを飲んでみた時は2、3杯飲んでも全然大丈夫で。もしかしたら意外と強いのかな?

保住 テキーラ大好きです。イエーガーも大好き!

住谷 僕、ドクターペッパーが好きなんで、イエーガーのあの味は結構好きです。

保住 俺はテキーラよりイエーガーの方が好きです!

――お強いんですね。二日酔いに悩まされたりはなく?

保住 あんまりならないですね。赤くなるは赤くなるんですけど、それが引くともう無双モードです。永久に飲めるなって日がたまにありますね。でも、お酒によっては頭が痛くなるものあるので、そこは飲み合わせとか気を付けて飲んでいます。

住谷 なんか僕も飲める気がしてきました(笑)。

――今後とも是非楽しく飲み続けていってください。 最後にはなりますが、今後パラホスを通してやっていきたいことを教えてください。

保住 ホストクラブ開店です! 現実的にはホストクラブという名のコンセプトカフェにはなりますが、是非やってもらえたら嬉しいですね。

住谷 キスマーク付きのシャンパングラスもグッズとしてあるんでね。シャンパンタワーとかしたいですね。

保住 サイン会はもちろん、みんなのコールで僕たちが飲む、お客さんもステージに呼ぶ、そしてみんなで歌って踊るみたいなイベントが出来たらいいなって思っています。声優業界では中々ないような、ちょっとエッジの効いたイベントができたらなって。

――曲も色々な方に聴いてほしいですか?

保住 俺たちを知らなくてもいいので、まず、曲を知ってほしいんです。カラオケに入ったら、まず1曲目に入れて乾杯する曲みたいに定着してくれたら嬉しいですね。

住谷 本当に演者だけでなく、スタッフさんみんなのこだわりが詰まった作品になっていますので、まずは是非曲を聴いてほしいです。

保住 是非、この世界を覗いてみてください。

【保住さん、住谷さんが演じたキャラクターを見る】

(C)PARAHOS

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ