コミュニケーションを怖がらないために… 人との関わりで意識したい3つのこと

fumumu

人見知り(Kavuto/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
誰かと話すことに苦手意識を持ちすぎて、コミュニケーションを怖がっていませんか? 会話が上手にできないことは、あなたの会話術の問題ではないかもしれません。

人との関わりで意識したいことを、fumumu取材班が聞いてきました。

(1)接待役ではない


「相手を楽しませようと、必死にならなくてもいいと思います。接待役として、お金をもらっているわけではないですもん。


お互いに楽しい時間を過ごすために、自分と同じように、相手にだって配慮が必要ですよね。会話が盛り上がらないときに自分を責めてばかりだと、どんどん肩に力が入ってしまうと思います。


相手と自分の立場は対等、お互いに会話を楽しもうね! と思えたら、相手を気遣いすぎてぐったりしてしまうことも少なくなるんじゃないでしょうか」(20代・女性)


関連記事:会話で好印象を与える方法はあるの? いい印象を持ってもらう会話術

(2)自分が楽しむ


「まずは、自分自身が楽しむことが一番だと思います。自分が楽しくなければ、相手も楽しくないことがほとんどでしょうけど…。


自分が楽しければ、高確率で相手も楽しいと思ってくれているんじゃないでしょうか。相手の顔色をうかがってばかりだと、自分が会話を楽しめないですよね。


相手に興味を持って、等身大で会話に集中することができれば、自然と話も盛り上がる気がします」(20代・女性)

(3)合わなくてもOK


「相手との会話を怖がりすぎてしまう人は、誰かとうまくコミュニケーションを取れないことが、自分の欠点だと思い込んでいるんじゃないでしょうか。


どれだけ会話術を学んでも、人には相性がありますから。相性が悪ければ、会話が盛り上がらないことあると思います。『悪い人ではないけど、なんとなく波長が合わないな…』と思う人っていますもん。


相手と上手に話せなかったとき、相性が悪かったと割り切るだけで、会話のハードルが下がっていくと思います」(20代・女性)

相手を楽しませようとする心構えはすてきですが、自分が楽しくないのなら、交流の場が苦痛になってしまいます。

まずは自分自身が楽しむことを意識して、リラックスして会話をしてみてくださいね。

・合わせて読みたい→会話で好印象を与える方法はあるの? いい印象を持ってもらう会話術

(文/fumumu編集部・くまのなな)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ