ずっとラブラブなカップルがしている3つの大切なこと

ハウコレ



ご縁があって恋人同士になれたなら、ずっと仲良くしていたいと思いますよね。ところが、付き合いが長くなってくると、倦怠期になってラブラブ度が下がってしまうことも少なくありません。

ずっとラブラブでいられるカップルもいるのを見ると、「どうしてあのカップルはラブラブなの?」と思いますよね。実はラブラブなカップルは大切なことを実践しているのです。

ずっとラブラブなカップルが実践している3つの大切なことをお伝えします。

■感謝の気持ちを忘れない
どんなに長い付き合いになって慣れが出てきたとしても、感謝の気持ちを忘れないのが、ずっとラブラブなカップルの特徴です。

「してもらって当たり前」になってしまうと、相手に対して傲慢な態度になりやすくなってしまい、最悪の場合、ケンカになってしまうことも少なくありません。

デートのために休みを合わせてくれることや、時間を作って家に遊びに来てくれること、わがままを聞いてくれることなど、小さなことでも「ありがとう」が言えるカップルは、付き合いが長くなってもラブラブなことが多いです。

なかなかありがとうが言えないときは、手紙に想いをしたためてみるのも、効果抜群ですよ。

■ひとりの時間を充実させる
大好きな人と一緒にいられることはとても幸せなことですが、ずっと一緒にいると自分の時間がなくなってしまい、窮屈になることも……。

ひとりの時間を充実させることで、一緒にいる時間の大切さを感じ、より「相手のことを大切にしよう」と思えるようになります。

「仕事は彼のために休みを合わせている」というのももちろんいいことですが、彼中心の生活になってしまうと、依存しやすくなり、彼を束縛してしまう原因にもなりかねません。

■彼を立てる言葉を使っている
付き合い始めの頃は、「彼ってこんなにかっこいいところがあるんだ」と尊敬する部分や大好きな部分がたくさん出てきます。

しかし、付き合いが長くなると、「どうしてこんなことができないの?」など、見下してしまうこともあります。

「俺ってあいつのなんだろう?」と思えば思うほど、自分の存在価値を見失ってしまい、一緒にいる意味を感じられなくなってしまうのです。

「いつも仕事スムーズにこなせてかっこいいね」「頑張りすぎないでね」「何かあったら相談に乗るよ」など、彼のことをいつも気にかけているよ!という言葉は、彼の心を温めていきます。

彼の心も癒されて、ずっとこの子と一緒にいたい!と思ってくれるので、長続きしやすいカップルになれるでしょう。

■お互いのことを大切にしよう
お互いのことを大切にできると、どんなに長い付き合いになってもラブラブでいられる確率がグッと高くなります。

「これくらいなら大丈夫か」と思って油断してしまうと、ふたりの関係にヒビが入る可能性も……。ささいなことで険悪な関係になったら、とても悲しいですよね。

お互いのことを思いやって、これからも素敵な関係を築いていきましょう。

(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ