ディーン・フジオカ、悪役「めっちゃ楽しい」 妻夫木聡を言葉攻め


俳優のディーン・フジオカが10日、都内で行われたTBS系日曜劇場『危険なビーナス』(10月11日スタート、毎週日曜21:00~)の制作発表会に、主演の妻夫木聡をはじめ、吉高由里子、中村アンとともに出席した。

本作は、東野圭吾氏の同名小説が原作のラブサスペンス。正義感が強く真面目な独身獣医の主人公・手島伯朗(妻夫木聡)が、突然現れた「弟の妻」と名乗る謎の美女・矢神楓(吉高由里子)と共に失踪した異父弟・明人の行方を追ううちに、矢神一族の遺産争いに巻き込まれていく。

ディーンが演じるのは、名家「矢神家」の養子で若手実業家の矢神勇磨。昔から伯朗のことを見下し、事あるごとに挑発してくる嫌味な男で、ディーンは「悪いやつですよ。ちょっと心配になりますね、やっていて」と話した。

悪役を演じる感想を聞かれると、ディーンは「めっちゃ楽しいですね」と生き生きとした表情。「セリフで『負け犬』とかののしったりする。なかなかこのセリフあるようでないなというところを楽しんでいます」とやりがいを感じているようだ。

そして、「下品にならないように。ののしっているんですけど、矢神勇磨というキャラクターの生い立ちや、なぜこういう人間になってしまったのか、しっかり自分の中で持ち続けるのが大事なのかなと。物語の中ではあまり描写されないかもしれないですが、物語が進んでいく中で、『この人どうなんだろう』と、作品に対して違う楽しみ方が。そこに貢献できたらいいなと思っています」と語った。

1話では伯朗が勇磨の襟をつかんで攻撃するシーンが登場するという。ディーンは「ボコボコにされましたね。本当は勇磨のほうが圧倒的な感じで、伯朗がいじめられているという設定でしたが、撮影していると勇磨がいじめられているような」と話し、妻夫木が「そんなことないですよ。ののしられてますよ、毎回僕は」と言うと、「勇磨は言葉で攻めて、伯朗は暴力で」と説明。すると妻夫木が「最低な男じゃないですか!」とツッコんだ。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ