家族が『がん』になったら? 女性の実録漫画に、考えさせられる

grape

(C)岡田有希/講談社
生理不順により訪れた病院で『子宮頸がん』が発覚した、漫画家の岡田有希さん。

がんの発見から入院、そして退院までの様子を、明るいタッチで描くエッセイ漫画『さよならしきゅう』は、多くの人に命の大切さや生きる喜びを考えさせるキッカケをもたらしました。

「他人事ではない」 33歳で子宮頸がんを診断された母親の告白が、胸を打つ

退院した岡田さんには、どんな生活が待っていたのでしょうか。闘病後の生活を描くエッセイ漫画『さよならしきゅう そのあと』から、1本のエピソードをご紹介します。

『さよならしきゅう そのあと』

闘病が終わってしばらく経ってから、父親にがんが見つかったという、岡田さん。

自身の経験をもとに、家族として父親を支える決意をしますが…。

(C)岡田有希/講談社

がんの病状と向き合いながら暮らすことになった父親。岡田さんは、抗がん剤治療をおこなう父親に対して「自分ができることは何か」を考え始めます。

(C)岡田有希/講談社

治療を続けてから2年経って、父親は海外旅行ができるまでに回復しました。

医療関係者の懸命な治療はもちろん、家族の支えがあったからこそ、父親はつらく厳しい治療を耐え抜くことができたのでしょう。

父親にとって、目の前が真っ暗闇のように感じていた時期にもらった日傘は、これからも宝物になるに違いありませんね。

岡田さんの作品を「もっと読みたい」という人は、こちらのエピソードもご覧ください!

がんで子宮を摘出した女性 退院後の生活に「ためになった」「考えさせられる」

単行本『さよならしきゅう そのあと』が好評発売中!

今回ご紹介したエピソードも収録されている、単行本『さよならしきゅう そのあと』が、2020年10月7日に発売されました。

本書では、闘病を終えてからの岡田さんの心境や家族との触れ合いが描かれています。

興味のある人はぜひ手に取ってみてください。


[文・構成/grape編集部]
(C)岡田有希/講談社

当記事はgrapeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ