アプリの「ウィジェット」が追加候補に現れません!? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ


iOS 14で大幅に機能強化された「ウィジェット」は、先頭のホーム画面の左にあるToday画面はもちろん、通常のホーム画面に置けるようになりました。表示サイズを3段階で指定できるなど自由度も高まり、より身近な存在になったといえます。

ウィジェットを追加するときには、Today画面の最下部にある「編集」ボタンをタップするか、ホーム画面の適当な位置を長押しすると画面左上に現れる「+」ボタンをタップすると、現在利用できるウィジェットおよびスマートスタック(複数のウィジェットを登録し表示を切り替えられる特別なウィジェット)の候補が現れるので、その中から選択します。

ただし、すべてのアプリがウィジェットを装備しているわけではありません。iOS 13までウィジェット装備だったアプリといえど、iOS 14での仕様変更に間に合わなかったのか、iOS 14ではウィジェット非対応ということもあります。iOS 14の仕様に対応したアプリのウィジェットのみが、候補として表示されるのです。

目的のアプリがiOS 14向けにアップデートされているとしても、自分のiPhoneにはウィジェットの候補として現れないこともあります。App Storeから最新バージョンをダウンロードしていない、ダウンロードしたけれど一度も起動していないという場合には、システムがウィジェットの候補として認識できないからです。最新バージョンにアップデートし、いちど起動したあとにウィジェット追加用の「+」ボタンをタップしてみましょう。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ