マツコ、新たな癒やし発見

モデルプレス

【モデルプレス=2020/10/10】タレントのマツコ・デラックスが出演する日本テレビ系バラエティ番組『マツコ会議』(毎週土曜よる11時~)。10日放送回では、個人で“大ヒットゲーム”を生み出した話題のインディーゲームクリエーター3人と中継を結ぶ。

◆マツコ「どうぶつタワーバトル」制作者と対決



“インディーゲーム”とは、個人が作るゲームを意味しており、大手ゲーム会社には出せない、個人ならではの自由で独創的なゲームのことをいう。

まずは登場したのは、800万ダウンロード超え『どうぶつタワーバトル』を生み出した藪崎さん。このゲームはSNSやYouTubeで広がり、ティーンを中心に大ヒット。およそ1か月でランキング1位を獲得したといい、それを聞いたマツコは「1人でやってるんでしょう。夢あるわね」と興味深々な様子だった。

そんな『どうぶつタワーバトル』は、相手と交互にどうぶつを積み上げてくゲームで、バーからどうぶつが落ちた方が負けというルール。早速、藪崎さんとマツコが対決。するとマツコの技に「あ~」と思わずつぶやいてしまう藪崎さん。対決結果も明らかになる。

さらに、マツコは、大ヒット作の収入や仕組みにも切り込み「相当儲かってるってことよね」と感心する。

◆マツコ「飛べゴリラ」体験



続いて登場するのは、この1年で150万ダウンロードされた『飛べゴリラ』を制作した大学3年生のぴんびっとさん。『飛べゴリラ』はアプリストアで“クソゲー”と検索すると一番上に出てきて、アメリカのInstagramで“バズった”ことをきっかけに、一気にダウンロードされるようになったという。

マツコも早速やってみると「最後の儚さがいい」とハマった様子。そして「ネコ動画以外に癒やしを発見したかも。クソゲー探しの旅に出るわ」と宣言していた。

◆マツコ、若者に感心



最後に登場するのは、高校生のゲームクリエーターNo.1を決める大会で準優勝に輝いた女子高生・えふぇ子さん。「高校3年生にして、ゲームが作れて、名前がえふぇ子。将来恐ろしいわよ」とマツコも期待を寄せる。作成したゲームに迫る。

また、若者の将来を聞いたマツコは「若いっていいね。ちゃんと夢や希望を持ってるって素敵」と感心。さらに日本の将来はみんなにかかっていると話し、「若い子が希望さえ失わなければ絶対に大丈夫だから、見捨てないでね」と願っていた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

当記事はモデルプレスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ