深田恭子の「突起」が20秒で…/有名美女「バストトップ透け」被害を告発(1)

アサ芸プラス


 着衣の美女がわずか30秒で衣服が透けた状態に! しかも、そんな状態にされたのは、いまだかつてバストトップも見せたことのない脱ぎ姿未経験者ばかり。有名美女を狙い撃つ、動画投稿サイトでひそかな人気を集めている無料動画の卑劣な手口をここに告発する!

「いや、トンデモない動画が出回っているんですよ。メッタなことじゃ衣服を脱がないトップ女優たちがまるででわずか数十秒で生まれたままの姿が、透けて見れるような状態にされてしまう。しかも、この動画はYouTubeに投稿されているので、誰でもタダで見られるシロモノなんです」

こう口角泡を飛ばして訴えるのは、芸能人の法律違反の動画に詳しい裏モノライターのA氏だ。

絶対にニセモノでも、首すげ替えのコラージュでもない、と断言するA氏に指示された動画をのぞいてみると‥‥。

パソコン画面に映し出されたのは1枚の深田恭子の写真。白いランニングシャツ1枚で髪をかき上げる扇情的なポーズをとる深キョンは、2020年版のカレンダー表紙と同じものだ。正面を向いたV字の切れ込みには胸の渓谷ゾーンが深くあらわになっているものの、もちろん先端部分はシャツの下に隠れている。

しかし、ここから画面はカメレオンのように変化を遂げていくのだ。深キョンの写真の下に画像の色調を調整するボタンが現れると、それらが動き始め、瞬時に白いシャツは水で浴びせられたように透けていく。さらには「シャドウ」を下げ、「コントラスト」を最大値まで上げると、バストのシルエットがクッキリ浮き出てくるではないか。

最後に「明るさ」を下げ、「ブラックポイント」「精細度」を最大限まで上げると、胸の頂部分に丸みを帯びた褐色の点が魔法のようにあぶり出されるのだ。なんと、ここまでわずか20秒という早技!

コラムニストの尾谷幸憲氏が、この動画のカラクリを解説する。

「これは胸の周辺の微妙な凹凸を解析する技術です。特に色の濃淡のコントラストをはっきりさせる作業を繰り返すことで、胸の先端部分が透け出てくるわけです。技術的にはパソコンやスマホのカメラについている編集機能を使っているだけなので、誰にでも簡単にできるものです」

それでも、わずか数十秒の間に着衣の芸能人を、服を脱いだ姿が透けて見えるような状態にしてみせるという「お手軽」さが、「人気を集めた秘密」だろうと尾谷氏は指摘する。

罪深きバストトップ透け師の矛先は、結婚を発表したばかりの石原さとみにも容赦なく向けられた。

映画の会見と思われる石原の衣装は、ワンショルダーの肌見せ度の高いドレス。白Tシャツなどより透けにくい素材のはずだが‥‥。ところが、またもや画像加工のエフェクトが魔法のように振りかけられると、石原の黒いドレスの胸部先端からは、ポッチりした褐色の小さな円形のシミが浮かび上がってしまうのだった。

着衣の芸能人に襲いかかる卑劣な動画はまだまだ止まらない。次に餌食になったのは、国民的女優・広瀬すず。写真は今年1月の化粧品会社の会見に登壇した時のワンショルダー肩出しドレス姿のものだった。

先ほどと同様に色調調整が矢継ぎ早に加えられると、春先のつくしのように胸の先端部分がドレス生地をポチッと突き上げる様子が見て取れるのである。

当記事はアサ芸プラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ