野島伸司、初のアニメ原案&脚本に 『ワンダーエッグ・プライオリティ』2021年1月放送

クランクイン!

 数々の名作ドラマを世に送り出してきた脚本家・野島伸司が原案&脚本を手掛けるオリジナルアニメ『ワンダーエッグ・プライオリティ』(日本テレビ他)の放送が2021年1月に決定。ティザービジュアル、ティザーPV、メインスタッフ情報が公開された。

本作は、ANIPLEXとD.N.ドリームパートナーズが共同でプロデュースする新たなプロジェクト作品。『高校教師』『家なき子』『高嶺の花』など、話題のドラマを多数手掛ける野島が初めてアニメ作品の原案・脚本に挑戦する。『22/7 あの日の彼女たち』キャラクターPVや『僕はロボットごしの君に恋をする』アニメーションPVの監督のほか、数多くのアニメ作品に携わる演出家・若林信が監督し、アニメーション制作は『空の青さを知る人よ』『約束のネバーランド』などのCloverWorksが手掛ける。

ティザーPVは、美しいピアノの旋律をバックに、ティザービジュアルに登場する黄色いパーカーの少女、そして眼鏡をかけた制服の少女が登場。「未来を変えたいなら―今はただ選択しろ」「さあ、自分を信じて―エッグを割れ―」というテロップのあとに映される、パーカーの少女の涙を浮かべた笑い顔が印象的で、まだ明かされていない本編への期待が高まる映像となっている。

野島は、「いつからかドラマにも“コンプライアンス”が侵食して、僕のような物書きは翼をもがれた感覚で、より自由度の高い場所を模索していました」と語り、「今回、アニメの世界を描く場をいただき、本当に久しぶりに楽しかったです。アニメやゲームは日本が世界に誇れるエンターテインメントであり、リテラシーの高いアニメファンと向き合える事を嬉しく思います。1月クールでお会いしましょう」とメッセージを寄せた。

若林監督は「野島さんから託された脚本の魅力を余すことなく伝えられるように最後まで頑張ります」と意気込みを見せている。

アニメ『ワンダーエッグ・プライオリティ』は、日本テレビほかにて2021年1月より放送予定。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ