花江夏樹『日常生活でくじけそうな時は炭治郎を思い出す』<『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』インタビュー>

 

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』公開を記念して、めるも編集部ではメインキャラクターを担当している花江夏樹さん、下野紘さん、松岡禎丞さんにリレーインタビューを敢行!

トリを飾るのはやっぱりこの方! 竈門炭治郎(かまど・たんじろう)役の花江夏樹さんです。新たなる任務に立ち向かう炭治郎への思いをはじめ、世界的な熱狂にまでなっている『鬼滅の刃』の人気についてなど、さまざまな話をうかがいました!

 

リレーインタビュー アーカイブ:

 

ーーいよいよ劇場版の公開ですが、予告編の映像はご覧になりましたか?

花江夏樹:カッコいいですよね! 相変わらず映像がきれいで、ド迫力! 音楽もキャラクターもカッコいいですし、列車の中でどういう映像になっていくのか、すごく楽しみになりました。ただ、予告編は本当に一部なので、早く本編を通しで観ていただけるようになるといいなと思いました。

 

ーー今回の劇場版ですが、ファンにもみなさんにとっても待望ということもあり、収録初日の時のことは覚えていますか?

花江夏樹:久しぶりだったので、ちゃんと炭治郎になれるかなって少し不安と緊張はありましたが、セリフを読んでみたらちゃんとできたので、安心しました。やっぱり個人的にも好きなお話だし、ファンのみなさんの反響もあったので緊張はしたんですけど、炭治郎に戻るのに時間はまったくと言っていいほどかからなかったです!

 

ーー炭治郎との距離感は、どういう感じでしたか?

花江夏樹:アニメを観返したり、漫画を読んだり、僕自身もファンなんです。収録がない時でもラジオやイベントがあったり、さまざまなお店などとコラボレーションもしていて、それで声を出す機会はあったんですよね。だから、ずっとそばにいるような感じではありましたね。

 

ーー今回の劇場版ですが、善逸と伊之助との関係性の変化は、どのように感じていますか?

花江夏樹:テレビシリーズの時よりもより親密になっているというか、団結して鬼を倒そうという思いでつながっていますよね。伊之助もだんだんと打ち解けているような感じになり、彼も変わりつつあるので、どんどん関係性はよくなっていると思います。だからこそ炭治郎は誰も死なせたくないという思いが、強くなっているんです。

 

ーー今回の劇場版は激しい展開も多そうですが、どうやって集中力をキープしたのですか?

花江夏樹:『無限列車編』は僕も好きなお話なので、テレビシリーズを収録する前から、ここはアニメになったらどうなるんだろう、セリフを早く言いたいな、あのシーンを演じたいなっていう思いがすごくあり、そもそものモチベーションが高かったんですよね。だから集中力が切れるようなことはなく、一気に駆け抜けた感じはあります。疲れましたけど、いちファンとして早く観たい気持ちが勝りましたね(笑)。

 

ーー敵も強くなっていると思うので、気持ちとしても大変でしたか?

花江夏樹:鬼を演じられているキャストのみなさんが本気で炭治郎を倒しにくるので、負けないように全力で返さなくちゃ、という緊張感はありました。

 

ーーキャストの方とコミュニケーションは取ったりするのでしょうか?

花江夏樹:そうですね。休憩中にみんなで作品のことを話したり、まったく関係ない話題もします。あと『鬼滅の刃』はスタッフさんともかなり交流があるので、監督とも分け隔てなくお話するんです。その映像の意図を教えてもらったり、次のシーンの説明を受けたり、みんなで情報を共有できるんですよね。それでより良いものを作ろうという、そういう現場です。

 

ーー印象に残ったやり取りは?

花江夏樹:作品に関係のない話も多かったですけど(笑)。今回は炭治郎の家族が出てくるのですが、家族のキャストさんは1話以降、あまり出てこなかったので、久々に会話をしました。あとは炭十郎役の三木眞一郎さんが「君が息子でよかったよ」と終わった後に声をかけてくださって、それは本当にうれしかったです(笑)。

 

ーー炭治郎を演じるうえで、一番大切にしていることは何でしょうか?

花江夏樹:妹を人間に戻したいという思いがあるので、そこはブレないようにしています。彼は真面目で優しい子なので、人を思いやる気持ちですよね。鬼と戦った後に寄り添ってあげるような優しさでほかの人とも分け隔てなく接していくような、心の清らかさは意識して演じています。1話から修業を経て変わっていっているので、そこの年齢感は変えました。後は任務を重ねていくごとに彼も変わり、肉体的な進化も遂げていると思うので、演じる上で声に圧を、覇気を、気持ちを入れることは意識しました。

 

ーー炭治郎のセリフで一番好きなものは?

花江夏樹:たくさんあって選べないのですが、強いて選ぶなら「頑張れ炭治郎頑張れ!! 俺は今までよくやってきた!!」というセリフですかね。負けそうになっても自分を鼓舞して前に進むという炭治郎らしさが出ているので、気に入っています。

 

ーー花江さんが演じることで炭治郎はより魅力的になっていると思いますが、その炭治郎に反対に教えてもらったことってありますか?

花江夏樹:あきらめない力ですよね。本当に妹を人間に戻すという思いだけで頑張っているし、修業も日々辛い思いをしても尚あきらめない、頑張る、非常に前向きな気持ちを炭治郎にはもらいましたし、僕も日常生活でくじけそうな時は思い出したりして、炭治郎があれだけ頑張っているのだから、こんなことくらいできるだろうって。もっと自分も声をあげないと負けちゃうぞって、彼のおかげで頑張れているところはありますね。

 

ーーキャラクターの人気が高まるにつれて、プレッシャーはありましたか?

花江夏樹:あんまり変わらないですが、僕自身も『鬼滅の刃』ファンなので、自分が想像していたようなシーンにしたいなっていう、そういう意味のプレッシャーはありました。自分が納得できないと嫌というか、自分が抱いていた炭治郎のイメージとズレないようにしようと心がけていました。僕自身も公開したら劇場でファンとして楽しみたいので。そういう時に、炭治郎を僕は客観的に観られるんですよ。自分がやっている感覚ではなく、アニメを作品として楽しめるタイプなので、その時に炭治郎違うなあという後悔がないようにしたいとは思いました。

 

ーーちなみに下野さんと松岡さんにもおうかがいしているのですが、「自分しか知らない○○さん」ということで、おふたりのチャーミングなところについてこっそり教えてください!

花江夏樹:ふたりとも熱いところがあるのですが、酔っぱらうとさらに熱いです(笑)。お芝居のことについて熱くなったりします。基本的に「あそこは良かったよ!」という風に褒める感じになるのですが、それは見ていてちょっと面白いです。普段はなかなか面と向かって言えないようなことでも言えるといいますか(笑)。

 

ーーみなさんシャイなのかしら?

花江夏樹:いや(笑)、みなさんとお互いに評価し合うようなことってないので、お酒が入ると本音で語り合いやすくなるってことですかね。

 

ーーところで『めるも』は趣味女子が集まるメディアなのですが、花江さんはゲームの動画実況をやられていますよね。

花江夏樹:そうですね。ゲームは幼稚園くらいの頃からずっとやっているので、もう日常に近い感じですね。リアルでは体験できないような興奮と感動があるので、それが魅力です。あとは友だちと一緒に遊べて、共有できるので、そういう楽しみはあると思います。息抜きでもありますし、勝負で勝った時は爽快ですし、夢中になって勝つまでやったり(笑)。だから、そういう意味では、スポーツに近いのかなって。

 

ーー『鬼滅の刃』に対する世の中の注目が高まっていますが、そのことをどう受け止めていますか?

花江夏樹:録っている時にそういうことは意識していなかったので、たくさんの人に観てもらえればいいなという思いで全力で収録をしていました。改めてより多くの人たちに観てほしいので、いろいろな方から観たと言われるとすごくうれしいですし、これをきっかけにほかのアニメにも触れる機会が増えるかもしれないと思うと、うれしく思っています。(取材・文:takashi.tokita_tokyo、写真:iwa/ヘアメイク:加藤 ゆい(Hair&Make-up fringe)、スタイリスト:村田友哉(SMB International.))

 

直筆サイン入りチェキプレゼント中! 詳細はこちら↓

 

リレーインタビュー アーカイブ:

 

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は、2020年10月16日(金)より全国ロードショー。

出演: 花江夏樹、鬼頭明里、下野紘、松岡禎丞、日野聡、平川大輔 ほか
公式サイト:kimetsu.com/anime/
(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

WRITER

  • takashi.tokita_tokyo
  •        

  • 「映画生活(現ぴあ映画生活)」初代編集長を経てフリーに。映画とディズニー(主にパーク関連)をメインによく取材しているが、パリとクルーズが未体験なことはナイショです。また、ディズニー好きが集まって、あることないことを語り尽くす無害なポッドキャスト「田組fm」が、SpotifyやApple Podcastなどで配信中。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ