【宝塚花組】柚香光と華優希の新トップコンビお披露目公演! 『はいからさんが通る』開幕

ウレぴあ総研



■2パターンの男役の群舞や、華やかなフィナーレナンバーを追加

宝塚歌劇団花組によるミュージカル浪漫『はいからさんが通る』の東京公演が、本日10月9日(金)、東京宝塚劇場で開幕した。

2019年11月に花組トップスターに就任した柚香光と、前トップ明日海りおの相手役から引き続きトップ娘役をつとめる華優希との、新トップコンビ本拠地お披露目公演として注目されていたが、3月に幕を開ける予定だった宝塚大劇場公演が、新型コロナウイルス禍で開幕を7月に延期。

その公演も、開幕後に感染者が確認されたため、途中まるまる1カ月間の中止を余儀なくされた。それだけに、この東京公演にかける思いは、柚香をはじめ出演者にとっても、開幕を心待ちにしていたファンにとっても、並々ならぬものがあるにちがいない。

■千秋楽には全国の映画館でもライブ中継も

『はいからさんが通る』は、大和和紀の同名少女漫画を原作に、2017年、同じ柚香と華のコンビによって、シアター・ドラマシティと日本青年館で初演された。

大正時代の東京を舞台に、日本人の父とドイツ人の母との間に生まれた優しく美しい陸軍少尉、伊集院忍と、その許嫁で、“はいからさん”と呼ばれる快活な女学生、花村紅緒との波瀾万丈の恋を描いた物語は宝塚にぴったりで、柚香光の端正で包容力のある伊集院少尉、華の天真爛漫で前向きな紅緒をはじめ、漫画の世界から抜け出してきたかのような出演者たちの好演が大評判となる。

今回はその舞台を、脚本・演出の小柳奈穂子が、大劇場のお披露目用によりパワーアップし、新たに、2パターンの男役の群舞など、華やかなフィナーレナンバーが加えられた。

出演者も、主演コンビのほか、少尉の部下、鬼島森吾軍曹役の水美舞斗、紅緒の幼馴染みで歌舞伎の女形、藤枝蘭丸役の聖乃あすからは初演のままだが、紅緒が働く出版社の編集長、青江冬星役に瀬戸かずや、芸者の花乃屋吉次役に朝月希和、少尉の親友で作家の高屋敷要役に永久輝せあらが新しく加わり、新生花組のスタートをさらに盛り上げている。

なお、10月24日(土)と千秋楽の11月15日(日)には、タカラヅカ・オン・デマンドで公演全編のライブ配信が、また、千秋楽には全国の映画館でもライブ中継が行なわれる予定だ。

宝塚歌劇 花組 ミュージカル浪漫『はいからさんが通る』

原作/大和 和紀「はいからさんが通る」(講談社KCDXデザート)(c)大和 和紀/講談社

脚本・演出/小柳 奈穂子

主演:柚香光、華優希

11月15日(日)まで

会場:東京宝塚劇場

■動画配信サービス「タカラヅカ・オン・デマンド」

※詳しくは公式サイトをご覧ください。

■宝塚歌劇 花組東京宝塚劇場公演『はいからさんが通る』千秋楽 ライブ中継

11月15日(日)15:30開演

会場:全国各地の映画館

※詳しくは公式サイトをご覧ください。

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ