スカンジナビア航空、東京/羽田~コペンハーゲン線の航空券販売停止 10月27日から開設計画

Traicy

スカンジナビア航空(エアバスA330-300型機)スカンジナビア航空は、東京/羽田~コペンハーゲン線の冬スケジュール期間中の航空券の販売を停止した。

当初、10月27日から東京/羽田発は木・日曜、コペンハーゲン発は火・金曜の週2便を運航することを予定していた。12月6日からは東京/羽田発火曜とコペンハーゲン発日曜の運航を追加し、週3便とする計画だった。機材はエアバスA340-300型機を使用し、12月1日以降はエアバスA330-300型機に切り替えるとしていた。

スカンジナビア航空日本支社によると、現段階で来年3月27日運航便までの予約受け付けを停止している。3月28日以降の予約は受け付けているという。

スカンジナビア航空は当初、同路線をエアバスA340-300型機で3月29日に開設し、6月中旬からエアバスA350-900型機での運航に切り替えることを計画していた。

当記事はTraicyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ