“元天才子役”ドリュー・バリモア(45)12歳で薬物中毒の「ブラックリスト入りした」過去語る

セレブ界では日常茶飯事と思われるほど浸透している薬物依存問題。特に幼い頃からスポットライトを浴びてきた有名人こそ、周囲のプレッシャーから逃れるために薬物に手を出してしまうことが多々あるようだ。このほど子役時代から注目を集め、薬物依存と闘い克服した女優ドリュー・バリモア(45)が英メディア『The Sun』のインタビューに応じ、当時の苦悩などを回顧した。

ドリュー・バリモアと言えば、若干7歳の時に出演したスティーヴン・スピルバーグ監督の大ヒット映画『E.T.』(1982年)でブレイクし“天才子役”として人気を集めたが、ある物に関わってしまったことからその後の人生は実に悲惨なものと変わり果てた。それは長年世界中で問題視されているドラッグであり、セレブ界でのドラッグ経験者を挙げればきりがないが、そのうちの克服者として有名な人物にドリューが挙げられるだろう。

ドリューによると、9歳で飲酒を始め10歳では大麻、さらに12歳の頃には違法薬物「コカイン」にまで手をつけていたという。そして13歳の誕生日を迎えるまで薬物依存者更生施設に2度も送られ、14歳では自ら命を絶とうとするほど重度の薬物依存に苛まされてきた。15歳には社会復帰し、親元から離れて米ウェスト・ハリウッドに移りウェイトレスとして自活してきたが、その数年後には再びショービズ界での復帰が叶うことになったのだ。

現在45歳のドリューは、薬物による壮絶な人生を歩んできたものの今は娘2人のママであり、女優業やプロデューサー、トークショーの司会者などマルチに活躍している。

『The Sun』のインタビューでは、薬物を克服できた自分自身、そして現状についてこのように振り返った。

「私自身どうやってこの業界に戻ってくることができたかも分からない。それでも自分が『ラッキー』だったということは忘れないわ。12歳でブラックリスト入りしたけど、今あるすべての仕事に感謝しているの。」

「物事を見失って、改善させるための大変さはよく分かっている。だからこそ今の私がどんなに恵まれているかも理解している。現時点で隠すことなんて何もないと思うわ。」

そして最後に、自身がホストを務めるトークショー『The Drew Barrymore Show』の宣伝を兼ねて「私のトークショーに来てくれる人は誰でも歓迎するわ。私は別にでしゃばりな人間じゃない。この業界にずっと人生を注いでるし、ただ私はみんなと同じように色々な有名人に会えることを楽しみにしているの」とどんなセレブでも出演を歓迎する趣旨を伝えた。

なおドリューだけでなく、薬物依存症と闘い克服してきたセレブとして若干10代で世界的大人気歌手となったジャスティン・ビーバー俳優ベン・アフレックらも挙げられるが、今ではパートナーに恵まれ公私ともに充実した日々を送っているようだ。

画像4枚目は『Drew Barrymore 2020年8月6日付Instagram「Let’s connect!!」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 MIE)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ