B級フード研究家・野島慎一郎の美味しかったカップ麺 月間ベスト5(2020年9月)

ガジェット通信



カップ麺やスナック菓子、ファストフードなどのアレンジレシピを研究する“B級フード研究家”としても活動している、ノジーマこと野島慎一郎です。

ガジェット通信ではアレンジレシピを紹介する記事を中心に執筆していますが、普段から研究としてカップ麺を食べる機会が多いため、1か月で食べたカップ麺のなかから個人的に美味しいと感じたカップ麺ベスト5をご紹介します。

新作のカップ麺をすべて食べているわけでもないですし、新旧織り交ぜたあくまでも個人的なランキングとなりますが、皆さまのカップ麺選びの参考になりましたら幸いです。

第5位:エースコック すこやか和膳 もち麦めん 鶏だしと柚子胡椒





5位にはエースコックの新商品「すこやか和膳 もち麦めん 鶏だしと柚子胡椒」を選びました。ラーメンでもうどんでもなくもち麦めん。

レタス1個分の食物繊維が入っているということで健康には配慮されているんだろうな、ということは把握できましたが、正直なところあまり美味しそうな予感がしませんでした。



ところが予想は見事いい方に外れました。麺がもう、うまいのなんのって! ラーメンかうどんかといえば完全にうどん寄りだったのですが、食感が従来のカップうどんとは大違い。弾力があってしっかりした食感が実にうまい!

柚子胡椒の香りもさわやかですし、スープは鶏だしが利いていて、美味しい鍋料理を食べたあとのスープでシメの麺類を食べているような感覚。ちょっぴり具は寂しい感じがしましたが、食物繊維が豊富で低カロリーなのでカップ麺を食べる罪悪感が低めなのもいいですね。

期間限定ではなく通年販売とのことなので、機会があればぜひお試しください。新ジャンルカップ麺といっても過言ではないかもしれません……!

第4位:寿がきや 全国麺めぐり 奈良天理スタミナラーメン





4位は寿がきやの全国麺めぐりシリーズから「奈良天理スタミナラーメン」を選出。全国麺めぐりシリーズは平均点が高い優等生という印象を持っているのですが、こちらもさすがの完成度の高さでした。



スープは結構しょっぱめなのですが、ちゃんと白菜やニラの味もスープに溶け込んでいて、味にすごく深みがあるんですよ。

奈良天理スタミナラーメンのカップラーメンは過去にもいくつか食べたことがありますが、「ニンニクとピリ辛にフォーカスを当てときゃ奈良天理スタミナラーメンっぽくなるでしょ?」っていう浅はかさを感じざるを得ないものが多かったんですよね。ゆえにこのスープの味の深さは「さすが寿がきや!」といったところでしょうか。

もっちりしたノンフライ麺もおいしいですし、塩分を摂り過ぎちゃうからダメだと思っていてもスープを飲み進めてしまうという、中毒性のある一杯でした。

第3位:サンヨー食品 背徳のニンニク 豚醤油 汁なし麺





まーた黄色に黒い太文字のパッケージのやつだ! ラーメン二郎を彷彿とさせるデザインのカップまぜそば「背徳のニンニク 豚醤油 汁なし麺」(サンヨー食品)を3位に選びました。

前月の1位にも二郎インスパイア系まぜそばの「焼きそばU.F.O. 汁なし豚らーめん ニンニク背脂醤油味」を選出しましたし、本当にこの手のやつは流行ってますねえ。



ところがこの「背徳のニンニク 豚醤油 汁なし麺」をいざ食べてみると、「豚」「ニンニク」「醤油」などのラーメン二郎を構成する要素はちゃんと押さえているのにラーメン二郎っぽさは不思議と薄め。ニンニクをガツンと増やしたり、アブラでギトギトにしたりと、わかりやすく世間のイメージする二郎っぽさを出すことはしていないんですよね。

ラーメン二郎の面影を求めて食べるのではなく、同じ素材を使ってサンヨー食品なりに美味しさを追求した「ニンニク醤油味のカップ焼きそば」と思って食べればこんなにうまいものはないですよ。

第2位:エースコック すこやか和膳 もち麦めん 鰹と昆布だし





5位に「すこやか和膳 もち麦めん 鶏だしと柚子胡椒」を選出しているので、同じシリーズから2品もベスト5に入れるのはランキングとしてどうかなあ、とも思いましたが仕方がない。本当に美味しかったんだもの。ってことで、2位にはエースコックの「すこやか和膳 もち麦めん 鰹と昆布だし」を選びました。

味の好みは人それぞれなので、5位の「鶏だし柚子胡椒」の方が好きだという人もたくさんいるかもしれませんが、個人的にはこの「鰹と昆布だし」の素朴で家庭的な味が最高に沁みました。



麺については「鶏だし柚子胡椒」と同じなので省略しますが、なんというか田舎のおばあちゃんが作ってくれる柔麺みたいな味なんですよね。やさしくて、あったかい。具材のネギや油揚げも素朴でいい味だし、なんなら根菜とかを一緒に煮込みたくなっちゃう。

有名なラーメン屋の再現をしているカップ麺はたくさんあるけど、なかなかこういう手作りっぽさを感じられるカップ麺ってないですからね。カップ麺業界が忘れていた何かがここにありました。

まずは「鶏だし柚子胡椒」と「鰹と昆布だし」の2種類から始まった「すこやか和膳 もち麦めん」ですが、この先ほかの味も登場することになるのでしょうか。期待して待ちたいと思います。

第1位:日清食品 カップヌードル 旨辛豚骨





そして1位には日清カップヌードルの新定番「旨辛豚骨」を選びました。これはもう仕方がない! 「カップヌードル旨辛豚骨」の登場により、カップ麺の歴史に新たな1ページがまた刻まれたといっても過言ではないですよ。



本格的な豚骨スープを追求し、人気店のような味を再現したカップラーメンはほかにもたくさんありますし、それらと「カップヌードル旨辛豚骨」を比べると物足りなさを感じるかもしれません。ですがそもそも「カップヌードル旨辛豚骨」はラーメン屋のような豚骨スープを作ろうとしていないのだと思うんですよね。

あくまでもカップヌードル独特の平打ち麺で食べるということを前提に、カップヌードルの麺に合わせて味をチューニングした豚骨スープ。花椒とラー油の刺激もいいアクセントになってますし、下手に背伸びをしていない、ある意味チープな味がもう最高!

きくらげやネギ、ミンチ肉などの具が多いので麺にたっぷりと絡んでくるのも幸福度をアップさせてくれます。豚骨ラーメンが好きな人に向けたというよりも、カップヌードルが好きな人に向けた豚骨ラーメンという感じですね。抜群にウマかったです!

総括



9月は「すこやか和膳 もち麦めん」や「カップヌードル旨辛豚骨」など、期間限定ではなく新定番となったカップ麺が多くランクインする結果となりました。

期間限定のカップ麺は入れ替えが早く、1か月もすると売り場から消えてしまっていることも少なくありません。当面は販売される続ける予定のものをいろいろおすすめできたのは本当によかったです。

次回10月のランキングは11月上旬頃に発表予定です。どうぞお楽しみに!

(執筆者: ノジーマ)

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

当記事はガジェット通信の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ