今夜スタート『24 JAPAN』 唐沢寿明、テロと戦う日本版ジャック・バウアーに

クランクイン!

 俳優の唐沢寿明が主演を務めるドラマ『24 JAPAN』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)が今夜スタート。唐沢がテロと戦う日本版ジャック・バウアーに扮し、テロリストによる女性総理候補暗殺計画を阻止するために奔走する。

本作は、米連邦機関CTU(テロ対策ユニット)の捜査官ジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)が凶悪なテロ事件と戦う姿を描いた世界的大ヒットシリーズ『24』(邦題『24‐TWENTY FOUR‐』)の、初となる日本版リメイク。オリジナル版のシーズン1をベースに、“日本初の女性総理”誕生への期待が高まる総選挙当日の24時間を克明に描写。唐沢が演じる日本版ジャック・バウアー=獅堂現馬が、仲間由紀恵演じる日本初の女性総理候補・朝倉麗の暗殺計画を阻止するという極秘任務に挑む。

極秘任務にあたるCTUメンバーを演じるキャスト陣として、栗山千明、池内博之、朝倉あき、村上弘明、佐野史郎ら実力派俳優たちが集結。そのほか、獅堂の家族役の木村多江、桜田ひより、獅堂をかく乱する謎の美女・氷川七々美役の片瀬那奈をはじめ、でんでん、上杉柊平、犬飼貴丈、柳美稀らが出演する。

“日本初の女性総理”誕生への期待が高まる総選挙当日を迎えた深夜0時。CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長・獅堂現馬(唐沢)は、自宅で娘・美有(桜田ひより)と仲睦まじくトランプを楽しんでいた。ところがその直後、自分の部屋に戻った美有がこっそり家を抜け出したことが発覚。心配した現馬は美有を捜そうとするが、その矢先にCTU東京本部長・郷中兵輔(村上)から緊急招集がかかってしまう。あろうことか「24時間以内に総理候補・朝倉麗(仲間)を暗殺する計画がある」との情報が入ったというのだ!

一刻を争う状況の中、この暗殺計画を阻止すべく、麗の側近とテロリストの接点を洗い出そうとするCTUの面々。そんな中、郷中は信頼する現馬にだけ「CTUの中に“暗殺計画に関わる内通者”がいる」と告げ、調査を命じる。しかも、極秘任務を請け負うことになった現馬の前に、CTU東京本部の第1支部長・鬼束元司(佐野)が現れ、“新たな情報”を提供。だが、鬼束の言動を不審に思った現馬は“とんでもない行動”に及んでしまう!

一方、ひとり自宅に残された現馬の妻・六花(木村多江)も美有の身を案じていたが、そこに一本の電話がかかってくる…。更にその頃、はるか上空を飛行する旅客機の中では、やがて日本中を震撼させる“恐ろしい計画”が進行していた―。

ドラマ『24 JAPAN』第1話はテレビ朝日系にて10月9日23時15分放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ