“おっぱいのパワースポット” AKO、飛び出すKカップはVR向きの大迫力

dwango.jp news


ド迫力のB110cm!そのカップサイズはなんとKcup!グラビア界きってのグラマラスボディとは裏腹に、おっとりとしたキャラクターで人気を博しているグラビアアイドルAKO

そんな彼女と至近距離で触れ合えてしまうというVR作品「はじめての VR、はじめてのわたし。AKO」、「Stop! Look! Listen! AKO」(共に制作:FANTASTICA)の2作品がPICMO VRにて好評配信中という。

早速その魅力に迫るべく、AKOを直撃した。





―タイトルから「はじめてのVR」とありますが、AKOさん初のVR撮影はいかがでしたか?

カメラやマイクがDVD撮影とは全く違って、定点カメラのような感覚なんです。

撮影が始まるとスタジオに一人なので、一人芝居をしているような感覚でした。

初心にかえったような、初々しいドキドキ感がありましたね(笑)

DVD撮影だとカメラが追いかけてくれますが、VR撮影では自分からカメラに迫っていかなければならないので、大変だな~という思いもありました!

それでも撮影を楽しみ始めると、スタジオに小道具の鉛筆と消しゴムを発見したんですよ。

これをアドリブで使ってみたところ、本編に採用されていました!

アドリブは好きだし得意なので嬉しかったですね(笑)

―今作で「一番セクシーに仕上がったな」と思われるシーンはどのようなものになりますでしょうか。

「はじめての VR、はじめてのわたし。AKO」は温泉旅館に彼とやってきた設定なんですけど、少しお酒を飲んでほろ酔いになっちゃって、浴衣から下着風水着になるシーンは、ちょっとHかな~と思います!

「Stop! Look! Listen! AKO」は同棲生活のシチュエーションなんですが、お掃除をして汗をかいちゃってお風呂に入るシーンがあるんです。

この時の衣装がタイト目なニットでそこから脱ぐと…。着衣ボインからの薄色下着風水着というリアリティのあるHさがいい感じに仕上がっています。

―作中では浴衣やお洋服など様々シチュエーションが魅力ですが、衣装はどのように選ばれましたか?

衣装もかなり自前のものを使っていたりします。

やっぱり私、用意して頂いた衣装のサイズがしっくりこないこともあるんです。

今回はVRなので、見ている方にリアリティを感じてもらえるのは、私物かな?と思い自前の物を使いました。

借りものじゃない良さがあります(笑)

―また、今作は恋人設定や同棲生活という夢のような空間が楽しめるVRですが、AKOさんが「恋人」に求める条件や嬉しいポイント、フェチなどありますか?

ほとんどの方が言うと思うんですけど、もちろん「優しい人」!これは絶対です!絶対条件です!

私、筋肉が好きなので、ちょっと体づくりを頑張ってる方がいいですね。

特に背中が好きです。背筋フェチです!後ろからギュッとハグしたくなるような背中の大きな人が好きです!

あとは、アクティビティが好きなので、一緒に楽しめる人がいいですね!

―撮影の合間や最近の息抜きでハマっていることなどあれば教えてください。

去年の冬くらいから、6年ぶりにダイビングを再開したんです。

ライセンスは持っていたんですけど、なかなか行く機会がなくて…。

去年の冬にようやく時間が出来て、ちょっと海にもぐったら…、もう癒されてしまって!

石垣島で潜って、そのあと沖縄に行こうと思っていたんですが、コロナ禍で難しくなってしまい、少し時間をおいてから伊豆へ潜りに行ってみたんです。その伊豆の海がとってもキレイで!

そこからすっかりハマってしまいました。

自分でダイビンググッズを集めてみようかなとも思い始め、現状で結構集まってきました!

あとこの時期はバイクがいいですね!オードリー・ヘプバーンの「ローマの休日」が大好きなので、憧れのVespaを去年買って乗ってるんですが、昼間に走るのが最高ですね!

―バイクでのツーリング、ダイビング、スポーツ観戦、コスプレと多趣味なAKOさんですが、これからのシーズンイチオシの趣味などあれば教えてください。

ホントにバイクとダイビングもいいんですが、このシーズンはスポーツ観戦がオススメです!野球場での観戦なんかも楽しいです!私の応援している埼玉西武ライオンズは今年はちょっと弱いので、テンションが上がりきらなかったりもしますが(笑)

やっぱり、秋って最強シーズンだな~って思いますね!

―AKOさんと言えば、「桶パイ」や「おっぱい筆箱」とKカップバストのユニークな活用もバズっていらっしゃいます。今後「こんな企画にチャレンジしてみたい」という計画があれば少し教えてください。

ニコ生でやった「おっぱい筆箱」がバズったんですが、当日まで「おっぱい筆箱やろ~」って思ってなかったんですよ。

それまでは、「おっぱいポケット」という企画で色んなものを、おっぱいからポコポコ出そうかな~と思ってたんですが、せっかく制服を着てるから、制服を活かした感じにできないかな~と考えてるうちに、「おっぱい筆箱」が生まれました(笑)

タイムマシーン3号さんの、ありえないくらい小銭が出てくる「カツアゲ」コントが大好きなんですが、そのコントのパロディで文房具があふれ出てくるっていうアレンジ企画も練っている最中です(笑)

―それでは最後になりますが、「はじめての VR、はじめてのわたし。AKO」、「Stop! Look! Listen! AKO」を読者に向けてアピールよろしくお願いいたします。

「はじめての VR、はじめてのわたし。AKO」、「Stop! Look! Listen! AKO」は、はじめてのVR撮影だったので少し照れ臭い部分があったけど、その分初々しさが出ているんじゃないかと思います!

やっぱり胸が私のチャームポイントでもありますので、そんな胸がVRになるという大迫力!飛び出てくるKカップ!

この「おっぱいのパワースポット」を是非拝んでください(笑)


当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ