満島真之介×鈴鹿央士“ふたり”なら「どうなっても楽しくなる確信があった」<『カレーの唄。』配信記念インタビュー>

 

俳優の満島真之介さんと鈴鹿央士さんが、初共演にしてバディを組んだドラマ『カレーの唄。』が、10月10日(土)より放送スタートします。

『カレーの唄。』は、毎話出てくる様々な種類の“カレー”をモチーフに、2人の男が絆を深める様を描いた、ハートウォーミングなドラマです。

本作にて、連続ドラマ初主演となる満島さんは、両親に捨てられ、世界中を放浪しながらひとりで生きてきた男・天沢陽一郎を、鈴鹿さんは陽一郎と知り合い同居することになる、芸術家志望の内気な大学生・鈴木二汰を演じています。

めるもではおふたりに、作品に対する並々ならぬ思いに加えて、最近ハマっている趣味まで語っていただきました!

 

 

――おふたりは本作で初共演となりました。現場では、先輩の満島さんがリードしていかれた感じでしたか?

満島真之介:どうなの?

鈴鹿央士:陽一郎と二汰のままでした! 現場でもというか、ロケバスにいるときも、控室でも、ずっとドラマの中でのふたりのような感じだったんです。

 

満島真之介:カメラが回ってるとか、回ってないとか、あまり関係なかったよね。僕にとっては、今回それがすごく重要だなと思っていたんです。この作品はオリジナルストーリーということを力に、自分たちで役をどこまでも広げていけますから。自分が投影されやすい役柄だったので、どういうふうなバディにするかがとっても重要だったんですよね。

 

――もともと満島さんと鈴鹿さんがバディで、と決まったお話ではなかったんですか?

鈴鹿央士:(うなずく)

満島真之介:そうです。ふたりが決まっていて、「じゃあ、よろしくお願いします」ではなくて。僕が先にお話をいただいたときの話をすると、僕自身、異国の血が入っていることもあって、小さなときから、「どこから来たかわからない」というようなことを言われてきました。カレーも好きだったし、そういう人生の背景も感じてくれてオファーして頂けたんだな、と思ったんです。その上で、「そういう自分と、誰がバディとして最適なんだろう。どういう人が二汰でいるかが、この作品を面白くしていくんじゃないか」というところから、すべてが始まっていったんです。

 

――では、二汰が鈴鹿さんになったのは、満島さんのご希望でもあった?

満島真之介:本人(鈴鹿)は知らない話だと思いますけど、いろいろな人たちの名前を挙げながら、「オーディションに僕も参加させてください」と伝えたんです。芝居のオーディションというよりも、僕とふたりで並んだときに、見える気がしたんです。ふたりの持つ空気感がハマれば、あとは、現場でどういうふうになっても切磋琢磨していけるんじゃないか、という確信がありました。だから、オーディションで央士を一目見た瞬間に、「二汰はこいつだな」と思いましたよ。そのときにもいろいろ話したんです。芝居のことだけじゃなくて、「どこ出身? 何が好きなの?」とか、人となりを知りたかったので、質問攻めでした(笑)。もう、その時点で二汰と陽一郎だったんですよ。このふたりで挑めば、それぞれが生きてきた時間をちゃんと作品に乗せていける気がしたんです。

 

鈴鹿央士:今のお話を聞いていて……うれし恥ずかしな感じです。オーディションの台本をもらって読んだときから、自分の中ですごくやりやすいというか、消化されやすい役だなとは思ったんです。空気感で言うと、そういうのも何も知らずに現場にいたんですけど、カメラが回ってるとき、回ってないときも、変わらないものがあることは感じていて。「そういうことだったんだ」というのが、今わかった感じがしています。

 

――満島さんの演じた陽一郎は、「放浪」というところも含め、満島さんの個性が色濃く反映されている感じを受けます。

満島真之介:そうですね、僕は旅もよくしていますからね。それ以上に、今回は衣装に関してものすごく話し合いました。ああいうピンクのロングコートを着ることによって、役の芯をつかめた気がします。立ち姿がなんとも不思議で、この町に合ってるような、合ってないような、どこから来たのかわからない異国情緒も漂っていて、「何なんだろうこの人!?」という絶妙な違和感を感じてもらいたかったんです。

 

――鈴鹿さんはデビュー作『蜜蜂と遠雷』ですでに高い評価を受けていますが、今回、満島さんとご一緒して、いろいろと刺激を受けたことなどもありますか?

鈴鹿央士:終わってみればというか、今になって、満島さんが現場でどういたかとか、現場のすみずみまで見ている満島さんの姿とかを思い出すんです。いろいろな人とコミュニケーションを取っている満島さんを見て、僕も、ちょくちょくスタッフさんとお話しながら撮影させてもらっていました。撮影中に、あれだけ現場のスタッフさんと話したのは初めてでした。俳優としての現場の居方や立ち振る舞いを一番傍で見られたので、僕自身、すごく勉強になったと思っています。俳優としての中身みたいなところを育ててもらったというか……少し豊かにしてもらえた気がしています。

 

満島真之介:「育てた」というと大げさですけど、……僕、現場で気づいたことは素直に言っちゃうんですよね。それは、たくさんの大先輩方の姿を見てきたからです。若松孝二監督だったり、蜷川(幸雄)さんだったり、大林(宣彦)さんという、自分の力で作品を作り、輝かしい時代を作ってきた人たちが、僕に素直にものを言ってくれたことが、今の自分を作り上げてくれました。「お前、演じるな」とか、「お前は、そのままでいいんだ」とたくさんの檄(げき)を頂きましたし、「そのままの君で立っていられることが一番美しいんだ」と、この(鈴鹿さんの)年くらいに僕が出会った人達が、本当に大切なことを教えてくれたんです。そういう経験をしてきたからこそ、今回、自分より若い世代に何を伝えることができるんだろうか、芝居の中で何ができるんだろうか、と思いながらの毎日でしたよ。行き着いたのは、素直に心を開いてもらうこと。そのためには、僕が誰よりも心を開くこと。そうすることで、相手の目を見て台詞を伝えることができるし、台詞を超えた関係性がそこに映っていく作品になるんじゃないか。僕の中のとても大事な今回のテーマでした。

 

――ありがとうございました。本インタビューは、「めるも」という趣味女子メディアで掲載されます。最後に、今、お二人が一番ハマっている趣味について教えてください。

満島真之介:ハマっているというか、ずっとやっているんですけど、ヨガですね! 『カレーの唄。』は今年の頭に撮影をしていたので、毎日寒くて体調管理が一番大切だったんです。朝起きてヨガをすることで、心身共に向き合うことができます。今日の自分の状態をすべて知ったうえで現場に行くことで、怪我や病気を回避できるし、周りにも愛を注ぐことができるようになるんです。身体も温まりますしね。それから、毎朝やってますよ。今日も45分ぐらいやってきたかな? 特に今年は、自粛期間があったりして、皆さん、家の中で自分の心と向き合う瞬間があったと思うんです。僕も、改めて自分の身体と心に向き合う時間を大切にしています。

 

鈴鹿央士:僕が最近ハマってるのは、ドライブです。免許を取ったのが1~2月くらいだったんですけど、そこから自粛期間があって、明けて。ちょっとだけ時間があったので、「何しようかな」と思ったときに、ちょっと練習してみようかなと思いついて、カーシェアで借りてみたんです。それから練習がてら走っていたら、結構ハマっちゃって。僕、音楽が好きなので、音楽をかけながら、夜にひとりで考え事しながら走ったりとかして。

 

――どこかへ行ったりも?

鈴鹿央士:ひとりで普通に江ノ島は行きました(笑)。この趣味は、たぶん続くと思います! 実はうちのお父さんは車のエンジニアをしているんです。なので、小さい頃から車は身近にあって。それに、昔はよくお母さんに夜ドライブに連れて行ってもらっていました。それを今は自分が運転する側になった、という感じで。いつか自分で車を買えるようになったら、お父さんともいろいろ話しながらドライブできるかなと思うので、これからの楽しみのひとつです。(取材・文:赤山恭子、写真:映美/<満島真之介>ヘアメイク:齋藤将志、スタイリング:DAN、<鈴鹿央士>ヘアメイク:阿部孝介(トラフィック)、スタイリング:外山由香里)

 

直筆サイン入りチェキプレゼント中! 詳細はこちら↓

 

 

ドラマ『カレーの唄。』は2020年10月1日(木)より、ひかりTV・dTVチャンネルにて順次配信。10月10日(土)より、BS12 トゥエルビにて放送スタート。

出演:満島真之介、鈴鹿央士、出口夏希/森口瑤子 ほか
脚本:山﨑佐保子
監督:瀬田なつき、島添亮、金子功
公式サイト:hikaritv.net/sp/currysongs/
(C)2020「カレーの唄。」製作委員会

WRITER

  • 赤山恭子
  •        

  • エンタメ雑誌編集部に勤務後、ハリウッド映画の版権を買い付け日本国内で販売するディストリビューターを経て、フリーの映画/エンタメライターに。現在は、監督・俳優のインタビューを中心に、現場取材、映画紹介コーナーほかも担当。相手の心に寄り添い、時に突っ込みながら深めてゆくインタビューが持ち味。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ