陳内将、植田圭輔、椎名鯛造が『ひとりしばい』第三弾に出演決定 意気込みコメントが到着

SPICE



『ひとりしばい』待望の第三弾となるvol.7・vol.8・vol.9のラインナップがついに解禁となり、出演キャスト陣によるコメントが到着した。

第三弾の足掛かりとなるvol.7には、大人気作 MANKAI STAGE『A3!』で天才オレ様役者の皇天馬を演じるなど、注目を集める陳内将がミュージカル『アルスラーン戦記』や『おそ松さん on STAGE』など2.5次元作品に幅広く名を連ねている伊勢直弘のオリジナルコメディに挑戦する。

vol.8では舞台『文豪ストレイドッグス』シリーズ、舞台『鬼滅の刃』など数多くの人気タイトルに出演し、キャリアを積み重ねてきた植田圭輔が満を持して「ひとりしばい」へ参戦。舞台『機動戦士ガンダム00 -破壊による再生-Re:Build』、「ひとりしばいvol.5 糸川耀士郎」の演出も手掛けた松崎史也が『ひとりしばい』の脚本を書き下ろす。MANKAI STAGE『A3!』タッグで完全オリジナルストーリーを届ける。

そしてvol.9には『最遊記歌劇伝』や舞台『刀剣乱舞』などの長きにわたるシリーズものに出演し続け、安定感のある演技で魅せる椎名鯛造が、ダークファンタジーでおなじみの空想組曲で主宰を務め、舞台の脚本・演出のみならずゲームシナリオライターや小説などマルチに活躍するほさかようと念願の初タッグで『ひとりしばい』に初挑戦する。

公演日程等の詳細は、公式ホームページを確認しよう。

<陳内将コメント>

陳内将
陳内将

皆さま。陳内将です。
この度『ひとりしばい』企画に携わらせて頂きます。
夏の暑い暑い日に、地方公演で宿泊していたホテルの涼しすぎるロビーから、zoom会議に参加させて頂いた日を鮮明に覚えています。
この企画のプロデューサーである下浦さんとは、その会議が初めましてだったのですが、僕がやりたいことがめちゃくちゃありすぎて、逆に予定より一時間半も早く打ち合わせが終わりました。
その時に生まれたムーブメント、僕の役者魂を汲んで、伊勢さんと演りあえることに心から喜びを感じています。
僕の役者人生の代表作にするつもりでいます。
是非、何度でもご覧ください。

<植田圭輔コメント>

植田圭輔
植田圭輔

仲間たちが次々と出演していて自分も「いつか」と思っていたので、今回挑戦できることとなりすごく嬉しいです。
泣いても笑っても貴重な一発勝負。俳優としてとても燃えます!
尊敬し、信頼している松崎史也さんの脚本・演出と言うことにもワクワクしてます。
しっかり追い込んで追い込まれて、皆様に素敵な作品をお届けできればと思います。

<椎名鯛造コメント>

椎名鯛造
椎名鯛造

『ひとりしばい』挑戦させていただきます、椎名鯛造です。
一人芝居って何するの?どうなるの?って思うでしょ?安心してください!俺もそう思っています。ただ新たな一面が見られる事は間違いないと思います。
芝居中何を思うのか…終わった後何が残って何を感じるのか…。
是非一緒に冒険しませんか?2020年は芝居をしたくても出来ない期間が長くありました。
溜め込んだエネルギーを解放させようと思います。
是非ご覧ください!!

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ