内田理央、『はぐれ刑事三世』の女性刑事役に抜擢 「撮影は緊張する」

しらべぇ




モデル・女優の内田理央が、ドラマ『はぐれ刑事』の令和復活版『はぐれ刑事三世』にてヒロインの女性刑事・仁城華子を務めることが決定した。

■ドラマのあらすじは…


ITベンチャー『ロマンティック製作所』副社長の浦賀有美(松岡依都美)の刺殺体が見つかる。

第一発見者であるレストラン店長・三田陽菜(藤井美菜)・美しすぎるIT技術者として知られる大角芽衣(紺野まひる)・総合商社『植井商事』社長の古沢秀史(佐戸井けん太)・創業者一族の御曹司で取締役の植井圭介(忍成修吾)続々と浮かび上がってくる容疑者たち。

しかし次々とアリバイが証明され、事件は振り出しに戻ってしまう。はたして事件の真相にたどりつくことができるのか。


関連記事:山田涼介×田中圭の刑事ドラマ『キワドい2人』 異母兄弟の超凸凹バディに注目

■女性刑事役として抜擢




この作品は、捜査一課・刑事、浦安吉之(原田泰造)が主人公のドラマで、内田は原田演じる浦安とコンビを組む相棒役の女性刑事・仁城華子を演じる。

仁城(内田)は正義に対して強いこだわりを持ち、“捜査ファースト”の刑事。大人気シリーズの令和版のヒロインという重要な役だ。原田と内田、新生バディの掛け合いに注目だ。

■「コンビネーションはバッチリ」


内田は原田との共演について、「刑事ドラマの撮影はどうしても緊張するところがありますが、泰造さんが穏やかで優しい方なので、現場は笑顔が絶えませんでした。自然とやっさんに華子がどんな風に話をしているのかを演じられて、最初からコンビネーションはバッチリでした」とコメント。

本作については「『はぐれ刑事』ファンの皆さんはもちろんのこと、はぐれ刑事は再放送で見たという私と同世代の方や、さらに若い皆さんまで、幅広い方々に楽しんでいただけると思います」と語った。



・合わせて読みたい→田中圭に泥酔報道 体調&メンタルを心配する声「お休みあげたほうが…」

(文/しらべぇ編集部・堀莉奈

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ