『約ネバ』すべての人へ向けた力強いメッセージがハチ公前広場に登場

『約束のネバーランド』(著:白井カイウ・出水ぽすか)は10月1日(木)より、困難な時代を生きるすべての人に向けて、渋谷のハチ公前広場にメッセージを掲出。さらに10月2日(金)より、エマたちの軌跡を名場面・名セリフとともに振り返る特設サイト「約束の記憶」を公開したことを発表した。

『約束のネバーランド』は『週刊少年ジャンプ』35号より連載を開始したマンガ作品で、主人公のエマを中心に、孤児院で育てられた子どもたちが過酷な運命に抗いながらも希望に向かっていくストーリー。今年6月に連載は完結した後にも、コミックスの全世界累計発行部数は2500万部(電子版含む)を更新し、今後もTVアニメ(2020年10月1期再放送、2021年1月2期放送)や実写映画(2020年12月18日公開)など数多くのプロジェクトが予定されている大注目作品だ。

現在世界中が困難に直面しているが、”困難な未来に立ち向かい続ける” 本作品を通じて、少しでも多くの方が ”前向きな気持ち” を持つきっかけになって欲しいという願いを込めて、完結巻のメッセージとして、エマの象徴的なセリフの一つである「人間は弱くない!」を掲げる。

10月1日(木)からは順次、渋谷にこの「人間は弱くない!」というメッセージ掲出。10月2日(金)より公開された特設サイトでは、主人公たちが困難な未来に立ち向かい続けた軌跡を感動の名場面や名セリフとともに振り返る「約束の記憶」 を公開する。

また、『約束のネバーランド』の連載完結を記念して、2020年12月11日(金)より六本木ヒルズ展望台の東京シティビューにて、「連載完結記念 約束のネバーランド展」を開催。‟約ネバ” の世界に存分に浸れる空間の中で数々の名シーンを展示するとともに、連載開始前の秘蔵資料なども紹介。さらに本展のために特別に描きおろされた漫画も公開される。

チケットは10月5日(月)12:00 より、全日事前予約制(日時指定券)でLINEチケットにて販売開始だ。

>>>メッセージの掲出イメージや特設サイト画面を見る

(C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ