チャンカワイ「あの時、失敗してて良かった」4歳娘の未来に向けたメッセージが泣ける

「惚れてまうやろー!」のネタで人気を得たお笑いコンビ・Wエンジンのチャンカワイが、長女の4歳の誕生日にブログで思いをしたためた。チャンカワイの優しい人柄が滲むメッセージに、読者も胸にしみるものがあったようで「ウルウルしちゃいました」と反響があった。

Wエンジン(チャンカワイ・えとう窓口)はお笑い番組フジテレビ系『爆笑レッドカーペット』や日本テレビ系『エンタの神様』などで活躍したが、近年はそれぞれピンでバラエティ番組に出演することが多い。チャンカワイは、日本テレビ系『世界の果てまでイッテQ!』『それって!?実際どうなの課』、テレビ朝日系『マツコ&有吉 かりそめ天国』などに不定期出演している。

2015年1月に一般女性と結婚して2016年10月、2018年11月と2人の女の子に恵まれたチャンカワイ。長女の4歳の誕生日だった10月2日に『Wエンジン チャンカワイ オフィシャルブログ』を「☆ハッピーバースデーサンキュー☆」のタイトルで更新した。

ドラえもんが大好きなチャンカワイの影響もあって、以前に長女が「のび太くんは優しいから大好き!」としゃべった時は涙が出たという。そんな娘の誕生日に綴ったメッセージは、ドラえもんの「タイムマシン」をテーマにしたものだった。

長女が成長して、パパのブログを読めるようになった未来を想定して語りかけたものである。未来の娘に宛てた手紙をタイムカプセルに入れて庭に埋めるような心境だろう。

チャンカワイは芸人になる前から「タイムマシンがあったらなぁ」といつも考えており、自分を負け組と決めつけて「あの時をやり直せたらな」と思うことばかりだったと述懐する。

そんな時にお笑いの世界に魅力を感じて飛び込んだが、それでもやはりタイムマシンが欲しくなることは多かった。そんなある日、テレビ番組の企画がきっかけで出会ったのが今の奥さんなのだ。

「そして。ママとパパのところに、君が来てくれたのよ」と未来の長女に伝えるチャンカワイ。

結婚して子どもが生まれた時から、以前は「やり直したい」と思ったことがもし上手くいっていたならば人生が変わってしまい、ママや娘たちにも会えなかったかもしれないと考えるだけで「怖くて震えるのよ」という。それで「あの時、失敗してて良かった!」、「だからパパは、タイムマシンはいらない」と思えるようになったのである。

さらにチャンカワイは、タイムマシンを使って未来を見ることはできなくても「いま仕掛けたら、未来は変えられる」という。変えられるのだから、もしタイムマシンで見たとしても1つの目安が分かるだけで当てにならないし、それに見てしまうとワクワクしないからもったいない。

「それは『ドラえもん』が教えてくれたんだ。君の大好きなのび太くんが教えくれたよ」「君がこのブログを読める今。今のパパにとって未来の君。君は、パパの人生を大逆転に導いてくれた天使だという事をここで教えておきます」と未来の長女に向けて思いをしたためた。

読者からは「チャンさん、素敵なブログをありがとうございます 仕事中なのにウルウルしちゃいました タイムマシンが要らないと思える人生をおくってるチャンさんは幸せですね」、「ただ、ただ、温かい気持ちにさせて頂きありがとうございました。何もいりません。こんなに伝わる事ってスゴいです。ありがとうございました」と反響があった。

かつてチャンカワイは、2010年春から交際していたお笑いコンビ・アジアンの馬場園梓と2013年8月に破局を報告。お互いにすれ違いが多くなり、交際前のような芸人仲間に戻ることにしたと話していた。

そんなチャンカワイは9月20日に「6年前の今日。ママと出会いました」と婚活バスツアーで今の奥さんと知り合ったいきさつを明かしており、「この日から、僕のドン底な人生が変わりました。この日からずっと幸せです。愛おしい娘を2人授かって。賑やかな毎日を過ごさせてもらってます」というほど充実しているようだ。

画像は『Wエンジン チャンカワイ 2020年6月14日付オフィシャルブログ「Ordinary Days」、2020年10月2日付オフィシャルブログ「☆ハッピーバースデーサンキュー☆」、2020年7月9日付オフィシャルブログ「復活の時」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ